外出自粛!買い物でコロナウィルスを持ち込まない方法【イギリスロックダウン生活】

stay home

現在、イギリスではロックダウン生活3週目に突入です。

周りでもロックダウン前に感染したであろう知人や隣人にコロナ感染の疑いのある症状が出始めているようで耳に入ってきます。

ロックダウンで外出禁止とはいえ、食料品などの日常生活に必要な買い物のためであれば外出ができます。

食べなければ生きていけませんので買い物に出なければいけないのですが、もうこれは極力で回数を減らし、ウィルスを家に持ち込まないよう気を付けて行動しています。

具体的にどうしたらいいの?という方のために、我が家の買い物でウィルスを家に入れないための策をご紹介します。

 

外出自粛期間の買い物でコロナウィルスを持ち込まない方法:準備編

外出自粛期間中は、一歩出たらウィルスだらけだと思って生活するくらいの気持ちで。

完璧にはできなくとも、少しでも感染のリスクを下げたいですよね…

まずは買い物に出るために必要なものをご紹介します!

 

マスク(鼻と口を覆うもの)

とにかくマスクは必須です!!

感染防止には完璧じゃないという説もありますが、自分が感染者だと思って「人に移さない」という意味でのマスクは効果的です。

とはいえ、マスクはどこも在庫切れ…

ここイギリスでもマスクは売っていません。

ここではスカーフなどで口を覆っている人が多いのでこれでもいいとは思いますが、もし材料がありそうならば、手作りマスクにも挑戦してみてください。

作り方はYouTubeでいろいろ見つけられます。

こちらは↓型紙もダウンロードができます。

 

眼鏡(目を覆うもの)

ウィルスは鼻や口から入ることが多いのですが、ウィルスがついた手で目を触ってそこから感染する可能性も高いそうです。

マスクをしていれば鼻や口に触る機会が減るのですが、その分目を触ってしまう可能性が高くなってしまうそうです。

あとは感染者がマスク無しで咳やくしゃみをした場合、直接飛沫が目に入ることも防げます。

家にいる時間が長いとパソコンやスマホを使う時間が長くなりそう!という人は、この際にブルーライトカットメガネなんかを買うのも良いかもしれませんね。

 

手袋(できればゴムやビニールの使い捨て)

扱いが少し難しいところはありますが、こちらでは買い物している一般人でも薄手のビニール手袋をしている人が多いです。

外出する直前か、もし車で外出するならば車から降りる直前に装着すると良いそうです。

手袋をはずすときは、最初に外す方は外側をつまんで裏返して手を抜き取り、後に外す方は綺麗な指を内側に入れてそこから裏返して手を抜き取ると手にウィルスがつかないように外せます。

グローブを外した後も念のために手洗いをしてくださいね!

 

除菌シート

買い物に出るときは除菌シートはあった方がいいですが、手袋があるならば除菌シートはなくてもなんとかなります。

ですが、やっぱりあった方がいいですよ!!

スーパーで使うカゴやカートのハンドル部分は必ず除菌してください。

もし除菌シートが在庫切れだったり高額になっていて買えないという場合は、なんでもよいので使い捨てのウェットティッシュでもないよりマシだそうです。

除菌効果のないシートを使う場合は、物理的に表面のウィルスをこそげ落とすようによく拭いてください。

車に乗る場合は、ハンドルやドアノブなども念入りに拭いた方がいいでしょう。

エリエール 除菌できるアルコールタオル 詰替用 80枚入×3個セット
エリエール

 

イギリスでのロックダウンに備えた備蓄リストはまとめてこちらの記事で紹介しています。

外出自粛生活の必需品はコレ!イギリスでロックダウン生活より備蓄リスト公開
長期の外出自粛生活のための必需品を紹介。現在私はイギリスに在住しており、ロックダウンされた中で生活しています。現地から思うロックダウン中に必要な備蓄品をリストアップしましたので、参考にしていただけたらと思います。

 

ロックダウン中の買い物でコロナウィルスを持ち込まない方法:買い物のコツ

  • なるべく現金を使わない(決済アプリやカード払いをおすすめ)
  • エコバッグを使わない(使用する場合は毎回洗濯か3日間の隔離を推奨)

普段もしエコバッグを持参して現金で買い物をしている方、できれば上記二つに変更できるか検討してください。

現金はウィルスだらけだと思った方がいいです。

ステンレスやプラスチックの表面では3日間も生きるといわれている強力ウイルスですので、なるべく財布の中にも入れないようにしましょう。

エコバッグも家にウィルスを運ぶ物の一つになりかねません。

できればスーパーの袋をもらって、家に持ち込んだ後は除菌するか捨てましょう。

普段使わない部屋や物置などがある場合は、3日間隔離してウィルスが不活性となるのを待ちましょう。

 

ロックダウン中の買い物でコロナウィルスを持ち込まない方法:買い物後

スーパーなどで買い物した商品を家に持ち帰ったとき、ウイルスも一緒に持ち込んでる可能性が高いです。

この付着しているかもしれないウィルスを、家の中にまき散らさないように細心の注意が必要です。

こちらの動画がとても参考になるので一度見てみてくださいね。

この動画の中で紹介している「買い物での感染リスク減らす方法」をまとめてみました。

  • なるべく買い物は2週間分まとめて買うようにする
  • テーブルを消毒し、未消毒エリアと消毒済みエリアに分けて作業
  • 箱に入っているもは、なるべく中身だけ出して箱を捨てる
  • プラスチック等の除菌シートで拭ける容器の場合は全て丁寧に拭く
  • 野菜は袋に入っているなら袋を除菌、もしくは中身だけ出して袋を捨てる
  • フルーツは食器洗い洗剤を薄めた液に入れて良く洗い、すすぐ
  • ファストフード等のテイクアウトフードは、容器や包みを全て捨て、中身は電子レンジで湯気がでるくらいに温める

動画では、「買ったものは家に持ち込まずに3日間ガレージなどに入れておく」など話していましたが、普通の家庭ではそれはちょっと無理ですよね・・・。

なので、うちはなるべく玄関先の土足エリアに一旦買い物袋を置いて、そこから除菌したものを順に家の中に移動させていくという手段をとっています。

電子レンジでの温めはウィルス殺菌に有効なようですが、冷凍に関しては2年も生きてるウィルスがあるくらい効き目がないとのことなので、冷凍品はかならず除菌してから冷凍庫に入れてくださいね!

 

アルコール除菌スプレーや除菌シートが一番使いやすいのですが、現時点では在庫切れでなかなか入手できないかもしれません。

無水エタノールと精製水で作れるとか、キッチンハイターを薄めて殺菌に使えるとかいろいろ情報が出ておりますが、無水エタノールは既に値上がりしてしまってますし、キッチンハイターは取り扱いを間違えると非常に危険ですので自己責任で行ってください。

 

プラスチック容器や瓶の容器に入っている丸洗い可能なものでしたら、フルーツと同じように食器洗い洗剤でウィルスを洗い流せます。

パッケージに入って売っているものは容器を捨てれば中身は綺麗なので、出来ることを最大限に使ってやってくださいね!

(ここイギリスも状況は同じです!!)

 

ロックダウン中の買い物でコロナウィルスを持ち込まない方法:ネットオーダーを利用

食べ物以外では、ロックダウン中の買い物はネットオーダー頼りになります。

例えば衣服とか化粧品、パソコン周りなどですね。

スーパーで取り扱いのない必要不可欠な買い物ではないものは、お店が閉店していればネットで買うしかありません。

食料品であっても近くにスーパーがない場合や、重い物をまとめて買いたいときはネットスーパーがとても便利です。

そこで注文したものが配達されたときに注意する点をまとめました。

  • 手渡しはしない
  • 玄関先に置いてもらって2メートル以上離れてもらってからドアを開ける
  • サインなどが必要な場合は荷物と一緒に一旦玄関先に置いておいてもらう
  • 配達員が離れてから荷物を受け取り、サインが必要ならば伝票を玄関先に置いてドアを閉めてから取りに来てもらう

一番の最低限の原則は「2メートル以上近づかないこと」です。

ここイギリスでは今、Social Distancing(社交的距離?)を約2メートル開けなさいと言われているので、配達員も玄関先に荷物を置いてノックをしてから2メートル以上後ろに下がって待っていてくれてます。電子サインもないようです。

 

日本では、ヤマト運輸(クロネコヤマト)では、インターホン越しに「荷物は玄関に置いておいてください」と言えば受け取りサインをしなくて済むようになっています。

他にも配達ロッカーステーションにて受け取る方法もあるそうなので、詳しくはこちらで詳細ご確認ください。

>>新型コロナウイルス感染予防のため、対面以外での荷物の受け取りはできますか?(公式サイト)

 

ではインターネットで買い物が可能なウェブサイトをここでは3つご紹介いたします。

 

おうちCO-OP(生協宅配サービス)を利用

  • 食材、生活用品を注文
  • 週1回、注文の翌週にお届け
  • カタログから選ぶ
  • パソコン、スマホ、電話からの注文が可能

小さい子供がいる家族やなどはウィルスだらけのスーパーに連れていくこともできないし、食材の調達も大変ですね・・。

生鮮食品も安心して利用できるネットオーダーはとてもありがたいです。

ゆっくりパソコンを使えない人も、スマホ操作が苦手なお年寄りも、電話注文が可能なおうちコープなら安心して利用できます。

お届けは週1回。カタログから選び、注文の翌週に玄関まで食材をとどけてくれるという至れり尽くせりです。

現在、5品1000円の品質おためしセット(2000円相当)が利用できます

\Web申込で3000円分のポイントがもらえます/

おうちCO-OPの詳細はこちら

セブン‐イレブンのお届けサービス セブンミール

  • 最寄りのセブンイレブンからピックアップ、またはお届けを選択可能
  • 1食分からお弁当やミールキットも注文可能
  • お酒やスイーツも買える
  • 注文の3日後以降にお届け

中でも一番便利に使えそうなのが「セブン‐イレブンのお届けサービス セブンミール」。

お弁当やおにぎりだけでなく、必要具材が揃っている「ミールキット」も1人分から注文できます。

次の買い物までのつなぎの食事や、ちょっと甘いデザートが食べたいとき、年配の家族への配達注文などにとても便利に使えます。

セブンミールキットの例

画像出典:セブンミールキット公式サイトより

セブンミールのミールキット詳細はこちら

 

うまいもんドットコム

  • 全国各地の特産品が味わえる
  • 厳選された美味しい食品で、外食ができない期間を乗り越える
  • 休校による学校給食食材の支援ができる(安価に購入ができる)

外に出れない時だから、あえていつもより良い素材で食事を楽しみたいという方は、こちらの「うまいもんドットコム」などもこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

全国各地の特産品の取り寄せができます。

現在は、全国的な休校で学校給食の食材が余ってしまっているため、農林水産省の支援を受けて学校給食業者を救おうという「食べて応援、学校給食」という活動が行われています。

学校給食として使われるはずだった食材を、美味しいうちに食べてもらいたいということで、格安で送料無料で購入が可能となっています。

ぜひ大切な食材を無駄にしないためにも、ご協力いただければ嬉しいです!!

うまいもんドットコムはこちら

 

ロックダウン中に買い物でコロナウィルスを持ち込まない方法は、買い物の頻度を減らすのが一番!

ロックダウン中でも買い物に行ける!と思うと少し気持ちが軽くなって気軽にスーパーに行ってしまいがちですが、ウイルス感染のリスクを減らすには買い物の頻度を減らすのが一番です!!

できれば買い物は1~2週間に1回くらいに抑えたいところですが、難しいようならばネットスーパーも併用したりと工夫してみてください。

もしどうしても買い物が必要な場合は、完全防備で挑んでください。

ここイギリスでは、買い物から帰ってきたらシャワーを浴びるという徹底ぶりの人も少なくありません。

でもここまでするのは難しいですので、外から帰ってきたら上着はなるべく玄関先でそっと脱いで中表にしてハンガーにかけるなりしてください。

花粉が外側にいっぱいついているイメージで!!

 

 

コメント