【ロンドン】日本語予約可!超人気のおすすめアフタヌーンティー

こちらの記事では、

ロンドン行くならやっぱり豪華なアフタヌーンティーに行きたい!

アフタヌーンティーって予約しないといけないの?日本語でも予約できる?

どんな雰囲気なの?何着ればいい?

こんな感じで興味のある方にぴったりの内容となっております!

 

イギリスに行くなら一度は体験したいアフタヌーンティー。

本場イギリスのアフタヌーンティーを満喫できるとあって、ロンドンのホテルなどでは日本人だけでなく世界中の観光客も、アフタヌーンティーを楽しむ人が多くいます。

イギリスでは街中の小さなティールームから高級ホテルまで、アフタヌーンティーを体験できる場所はたくさんありますが、「せっかく来たのだから!!」と、高級ホテルや高級レストランでのアフタヌーンティーがやっぱり人気。

しかし人気の場所は予約が必須。予定が決まり次第なるべく早く予約したいところです。

人気アフタヌーンティーは予約なしで入れることはかなりまれで、直前のキャンセルがあったラッキーなタイミングだけだと思った方がいいと思います。

もしまだならば、今すぐ予約を!!

前日であっても予約できる可能性はゼロではありませんので、諦めずに予約してみましょう。

今回は超人気のおすすめアフタヌーンティーをご紹介。味はもちろんのこと、雰囲気からサービスまで完璧とも思える場所を厳選いたしました!

 

  1. ザ リッツ ロンドン パームコート(The Ritz London Palm Court)
    1. ザ・リッツ ロンドン:アフタヌーンティーの価格
    2. ザ・リッツ ロンドン:ドレスコード
    3. ザ・リッツ ロンドン:予約方法
    4. ザ・リッツ ロンドン:場所とアクセス
  2. クラリッジス(The Claridge’s)
    1. クラリッジス:アフタヌーンティーの価格
    2. クラリッジス:ドレスコード
    3. クラリッジス:予約方法
    4. クラリッジス:場所とアクセス
  3. ブラウンズホテル ザ イングリッシュ ティールーム(Brown’s Hotel The English Tea Room)
    1. ザ イングリッシュティールーム:アフタヌーンティーの価格
    2. ザ イングリッシュティールーム:ドレスコード
    3. ザ イングリッシュティールーム:予約方法
    4. ザ イングリッシュティールーム:場所とアクセス
  4. ザ バークレー コリンズルーム(The Berkely Collins Room)
    1. コリンズルーム:アフタヌーンティーの価格
    2. コリンズルーム:ドレスコード
    3. コリンズルーム:予約方法
    4. コリンズルーム:場所とアクセス
  5. ザ・マイルストーンホテル(The Milestone Hotel)
    1. ザ マイルストーンホテル:アフタヌーンティーの価格
    2. ザ マイルストーンホテル:ドレスコード
    3. ザ マイルストーンホテル:予約方法
    4. ザ マイルストーンホテル:場所とアクセス
  6. ザ ハロッズ ティールーム(The Harrods Tea Rooms)
    1. ザ ハロッズティールーム:アフタヌーンティーの価格
    2. ザ ハロッズティールーム:ドレスコード
    3. ザ ハロッズティールーム:予約方法
    4. ザ ハロッズティールーム:場所とアクセス
  7. フォートナム&メイソン (Fortnum and Mason)
    1. フォートナム&メイソン:アフタヌーンティーの価格
    2. フォートナム&メイソン:ドレスコード
    3. フォートナム&メイソン:予約方法
    4. フォートナム&メイソン:場所とアクセス
  8. さいごに

ザ リッツ ロンドン パームコート(The Ritz London Palm Court)

画像引用元:The Ritz London

ロンドンのアフタヌーンティーといえば、やっぱり断トツの人気を誇るのがこちら、高級ホテル「ザ リッツ」。

ホテル内の「THE RITZ Palm Court」(ザ リッツ・ロンドン・パーム コート)でいただけるアフタヌーンティーは、この豪華な装飾のお部屋に入るだけで異空間であり、現実から離れた優雅なひと時を体験できる場所なのです。

ロンドンで一番!と言ってもいいこの高級感。ピアノの生演奏で更に気分を盛り上げてくれます。

 

ザ・リッツ ロンドン:アフタヌーンティーの価格

画像引用元:The Ritz London

ザ・リッツの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

トラディショナルアフタヌーンティー:£58(子供£35)

シャンパン付きアフタヌーンティー:£77

セレブレーションティー:£69
(アフタヌーンティー+お祝いケーキ)

セレブレーションティー  with シャンパン:£88
(アフタヌーンティー+お祝いケーキ+シャンパン)

詳しいメニューを見る >>

*紅茶と食べ物はおかわり自由。おかわりは全て食べ終わってから注文してください。

*現在、衛生上の理由でお持ち帰りはお断りしているそうです。

(以前はお持ち帰りできました。季節的な対応なのかは不明です。)

 

ザ・リッツ ロンドン:ドレスコード

ザ・リッツの公式ウェブサイトによると、ザ・リッツ全館においてドレスコードは「スマートカジュアル」とされています。

しかし、男性は「ジャケットとネクタイ着用」です。

実際にザ・リッツのアフタヌーンティーに行った時の雰囲気からは、「スマート」な服装で行く方が適切だと思います。

男性の「ジャケット&ネクタイ」に合わせる意味でも、女性もめいいっぱいお洒落して行くことをおすすめします。

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

【ロンドン】アフタヌーンティーでの服装アイデアとマナー基礎知識
イギリスでアフタヌーンティーを楽しみたいけど、どんな服を着て行けばいいの?とお悩みの方はいませんか?アフタヌーンティーでの男性・女性の服装アイデアやドレスコードについてわかりやすく説明しています。

 

ザ・リッツ ロンドン:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

時間は以下の5つから選ぶことができます。

 11.30am, 1.30pm, 3.30pm, 5.30pm,  7.30pm

座席は120席、2時間の時間制限があります。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語) 予約ページ(英語)

*海外レストラン予約サイト「グルヤク」で安心日本語予約ができます。

 

ザ・リッツ ロンドン:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.theritzlondon.com

住所:150 Piccadilly, St. James’s, London W1J 9BR

電話:+44 (0) 20 7493 8181

アクセス:地下鉄Green Park駅より徒歩

アフタヌーンティーは、ザ・リッツホテル内の「THE RITZ Palm Court(ザ リッツ・ロンドン・パーム コート)」です。

 

クラリッジス(The Claridge’s)

画像引用元:The Claridge’s

こちらもロンドンでのアフタヌーンティーでは人気のトップに入るクラリッジス。

パテシェとしての栄誉ある賞の受賞歴もあるフランス人シェフが作り出す繊細でクリエイティブなアフタヌーンティーは、世界でも有名となりました。

スコットランド産のサーモンなどイギリスの特産品を多く使用し、季節の果物を使ったフレッシュな素材をふんだんに使ったメニューでもてなしてくれます。

このゴージャスな雰囲気のルームでいただくアフタヌーンティーはまた格別です。

 

クラリッジス:アフタヌーンティーの価格

Photo by:finedining indian

クラリッジスの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

トラディショナルアフタヌーンティー:£70(子供£40)

トラディショナルアフタヌーンティー+ローランペリエ:£80

トラディショナルアフタヌーンティー+ローランペリエ(ロゼ):£90

トラディショナルアフタヌーンティー+スパークリングジュース(ノンアルコール):£75

詳しいメニューを見る >>

ローランペリエとは、英国王室御用達のシャンパンです。日本にも流通しています。

ノンアルコールのスパークリングジュースは、Jus de raisin pétillantです。

アルコールが入っていないスパークリングワイン(白)のような飲み物です。

 

クラリッジス:ドレスコード

クラリッジスではオフィシャルサイトではドレスコードは表記されていませんが、直接問い合わせたところ「スマートカジュアル」とのことでした。

実際にクラリッジスのアフタヌーンティーに行った経験上、他のお客さん層は「スマート」または「スマート寄りのスマートカジュアル」の雰囲気でした。

できれば「スマート」に近い服装で行く方がいいと思います。

ネクタイは必須ではありませんが、ネクタイをしていてももちろんOKです。

雰囲気的には男性はジャケット必須かなと思います。

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

 

クラリッジス:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

時間は以下から選ぶことができます。

14:45、15:00、15:15、15:30、16:45、17:00、17:15、17:30

特に時間制限は設けていないようですが、2時間くらいと考えておきましょう。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語)  予約ページ(英語)

*海外レストラン予約サイト「グルヤク」で安心日本語予約ができます。

 

クラリッジス:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.claridges.co.uk

住所:Brook Street, Mayfair, London W1K 4HR

電話:+44 (0) 20 7629 8860

アクセス:地下鉄Bond Street駅より徒歩

 

ブラウンズホテル ザ イングリッシュ ティールーム(Brown’s Hotel The English Tea Room)

画像引用元:Brownie’s Hotel

老舗ホテルでもあるブラウンズホテルのイングリッシュルームでいただくアフタヌーンティーもロンドンを代表とするアフタヌーンティーの一つです。

英国紅茶協会の2009年ガイドブックで最優秀ティールームに選ばれたザ イングリッシュ ティールームは、伝統的なスタイルのアフタヌーンティにぴったりの重厚な作りで格式高い装飾でまとめられたお部屋。

最高の紅茶をいただきながら、贅沢な時間を過ごせます。

 

ザ イングリッシュティールーム:アフタヌーンティーの価格

画像引用元:Brownie’s Hotel

ザ イングリッシュティールームの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

トラディショナルアフタヌーンティー:£55

シャンペンアフタヌーンティー:£65

ロゼ シャンペンアフタヌーンティー:£68

グルテンフリー アフタヌーンティー:£55

ティートックス ヘルシー アフタヌーンティー:£55

詳しいメニューを見る >>

 

ザ イングリッシュティールーム:ドレスコード

オフィシャルサイトではドレスコードは表記されていませんが、直接問い合わせたところ「スマートカジュアル」とのことでした。

ホテルやアフタヌーンティーのお客さんの雰囲気から、「スマート」に近い「スマートカジュアル」の方が良いと思います。

男性のネクタイは必須ではりませんが、ジャケットは必須かなと思います。

女性も男性に合わせた服装でお洒落してお出掛けください^^

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

 

 

ザ イングリッシュティールーム:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

時間は以下から選ぶことができます。

12:00、12:30、14:30、15:00、17:00、17:30

*90分の時間制限があります。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語)  予約ページ(英語)

*海外レストラン予約サイト「グルヤク」で安心日本語予約ができます。

 

ザ イングリッシュティールーム:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.roccofortehotels.com/hotels-and-resorts/browns-hotel/

住所:Albemarle St, Mayfair, London W1S 4BP

電話:+44 (0) 20 7493 6020

アクセス:地下鉄Green Park駅またはPiccadilly Circus駅から徒歩

アフタヌーンティーは、Brown’s Hotel内の「The English tearoom(ザ イングリッシュティールーム)」です。

 

 

ザ バークレー コリンズルーム(The Berkely Collins Room)

画像引用元:The Berkeley

こちらはバークレーホテル内にあるコリンズルームでのアフタヌーンティー。

大きな窓からの光がたくさん入った明るいお部屋です。

ここでは個性的なアフタヌーンティーが人気。

クリスチャンディオールとコラボしたインスタ映えする可愛いファッションアフタヌーンティーを季節ごとに展開しています。

 

コリンズルーム:アフタヌーンティーの価格

画像引用元:The Berkeley

コリンズルームの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

PRÊT-À-PORTEA(プレタ・ポルティー):THE DIOR COUTURE COLLECTION(ディールとコラボしたアフタヌーンティー)が毎年春夏、秋冬コレクションに合わせて2回期間限定で登場します。

プレタ・ポルティー:£60

シャンペン プレタ・ポルティー:£70

モクテル プレタ・ポルティー(マンゴーモクテル付き):£70

シャンペン プレタ・ポルティー(3種類のシャンパンから選べます):£76

詳しいメニューを見る >>

*シャンパンはローランペリエです。

 

コリンズルーム:ドレスコード

オフィシャルサイトではドレスコードは表記されていませんが、直接問い合わせたところ「スマートカジュアル」とのことでした。

ホテルやアフタヌーンティーのお客さんの雰囲気からすると、「スマート」な服装に近い方が適していると思います。

男性客はジャケット&ネクタイ着用の人が多かったです。

女性も男性に合わせた「スマートカジュアル」かそれ以上の服装がおすすめです。

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

 

コリンズルーム:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

アフタヌーンティーのサーブ時間:1pm – 5.30pm 

時間制限は特にありませんが、通常2時間くらいです。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語)  予約ページ(英語)

*海外レストラン予約サイト「グルヤク」で安心日本語予約ができます。

 

コリンズルーム:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.the-berkeley.co.uk

住所:Wilton Pl, Knightsbridge, London SW1X 7RL

電話:+44 (0) 20 7235 6000

アクセス:地下鉄Knightsbridge駅またはHyde Park Corner駅から徒歩

アフタヌーンティーは、The Berkeley Hotel内の「Collins Room(コリンズルーム)」です。

 

ザ・マイルストーンホテル(The Milestone Hotel)

画像引用元:The Milestone Hotel

こちらも5星ホテルでの豪華なアフタヌーンティー。

2018年のアフタヌーンティーでは最高の賞を受賞しています。

レストラン、ラウンジ、テラスルームなどでアフタヌーンティーと一緒に優雅な時間を過ごしてください。

 

ザ マイルストーンホテル:アフタヌーンティーの価格

画像引用元:The Milestone Hotel

ザ マイルストーンホテルの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

トラディショナルアフタヌーンティー:£50

シャンペン アフタヌーンティー:£59

ロイヤルアフタヌーンティー(2人用):£120
(ハーフボトルのシャンペン付き)

ピンクロイヤルアフタヌーンティー(2人用):£120
(ストロベリーとハーフボトルのロゼシャンペン付き)

ルイナートロイヤルアフタヌーンティー(2人用):£130
(ハーフボトルのRuinart Blanc de Blancシャンペン付き)

リトルプリンス アンド プリンセス ティー:£25
(12歳以下の子供用)

ベジタリアンアフタヌーンティー:£50

グルテンフリーアフタヌーンティ:£50

デイリーフリーアフタヌーンティー:£50

詳しいメニューを見る >>

 

ザ マイルストーンホテル:ドレスコード

オフィシャルサイトではアフタヌーンティーについてのドレスコードは表記されていませんが、直接問い合わせたところ「スマートカジュアル」とのことでした。

5星ホテルですので、「スマート」に近い服装の方が適切です。

男性客はジャケット必須な感じなので、ジャケット&ネクタイならば安心ですよ。

女性も男性に合わせた素敵な服装でぜひ。

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

 

ザ マイルストーンホテル:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

予約時間は13:00、15:00、17:00から選べます

時間制限は1時間45分ほどです。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語)  予約ページ(英語)

*日本最大級の現地ツアー「ベルトラ」から安心日本語予約クーポンが申し込みできます。

 

ザ マイルストーンホテル:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.milestonehotel.com/

住所:1 Kensington Ct, Kensington, London W8 5DL

電話:+44 (0) 20 7917 1000

アクセス:地下鉄High Street Kensington駅から徒歩

 

ザ ハロッズ ティールーム(The Harrods Tea Rooms)

画像引用元:The Harrods

ロンドンに行くなら必ず足を運ぶであろう高級デパートのハロッズ。

このハロッズのティールームでもアフタヌーンティーを味わうことができます。

この雰囲気だけでも心躍ってしまいますね^^

アフタヌーンティーだけでなく、デパートでのショッピングも楽しめる最高の場所です。

 

ザ ハロッズティールーム:アフタヌーンティーの価格

 

ザ ハロッズティールームの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

アフタヌーンティー:£59

追加のシャンパンまたはスパークリングワイン:£12~

追加のノンアルコールスパークリングワイン:£6

詳しいメニューを見る >>

 

ザ ハロッズティールーム:ドレスコード

ザ ハロッズティールームではオフィシャルサイトではドレスコードは表記されていませんが、直接問い合わせたところ「スマートカジュアル」とのことでした。

割とカジュアルな雰囲気ではありますが、やっぱりスニーカー・ジーンズ・Tシャツは避けた方がいいと思います。

せっかくなのでお洒落して出かけてくださいね^^

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

 

ザ ハロッズティールーム:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

アフタヌーンティーのサーブ時間:月~土曜 11:30am – 7pm 、日曜 11:30am – 5pm 

時間制限は特にありませんが、通常2時間くらいです。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語)  予約ページ(英語)

*海外レストラン予約サイト「グルヤク」で安心日本語予約ができます。

 

ザ ハロッズティールーム:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.harrods.com

住所:87-135 Brompton Rd, Knightsbridge, London SW1X 7XL

電話:+44 (0) 20 7730 1234

アクセス:地下鉄Knightsbridge駅から徒歩

アフタヌーンティーは、デパートハロッズ内の「The Harrods tea room(ザ・ハロッズティールーム)」です。

 

フォートナム&メイソン (Fortnum and Mason)

画像引用元:Fortnum and Mason

こちらも高級老舗デパートのフォートナム アンド メイソン。

ここはアン女王の召使のウィリアム・フォートナムが1707年に建てた歴史ある建物です。

英国御用達の紅茶としても知られるこのフォートナムアンドメイソンでも、最高の紅茶とともにアフタヌーンティーがいただけます。

甘い物が苦手な人にも嬉しい、セイボリーアフタヌーンティーやハイティーもあります。

 

フォートナム&メイソン:アフタヌーンティーの価格

画像引用元:Fortnum and Mason

フォートナム&メイソンの主なアフタヌーンティーメニューと価格(1人あたり)

アフタヌーンティー:£55
(フォートナム&メイソン フェイマスティー)

アフタヌーンティー:£58
(レアティー)

セイボリーアフタヌーンティー:£58
(フォートナム&メイソン フェイマスティー)

セイボリーアフタヌーンティー:£58
(レアティー)

ハイティー :£57
(フォートナム&メイソン フェイマスティー)

ハイティー:£60
(レアティー)

ベジタリアン アフタヌーンティー:£55
(フォートナム&メイソン フェイマスティー)

ベジタリアン アフタヌーンティー:£58
(レアティー)

追加のグラスシャンパン:£13.5~

詳しいメニューを見る >>

 

フォートナム&メイソン:ドレスコード

オフィシャルサイトではアフタヌーンティーについてのドレスコードは表記されていませんが、直接問い合わせたところ「スマートカジュアル」とのことでした。

客層の雰囲気は「カジュアル」な感じですが、スニーカー・ジーンズ・Tシャツじゃない方がいいと思います。

(入店拒否されるようなことはないはずですが)

せっかくの豪華な雰囲気を楽しめるよう、カジュアル過ぎることのないようにしたいですね。

 

【関連記事】ドレスコードって何?何着ればいいかしら?という方はコチラ↓

 

フォートナム&メイソン:予約方法

予約するにあたって、希望の日時を決めておきましょう。

営業時間:月-木11:30~19:00、金・土11:00~19:00、日11:30~17:45

時間制限は特にありませんが、通常2時間くらいです。

<<アフタヌーンティーの予約をする>>

予約ページ(日本語)  予約ページ(英語)

*日本最大級の現地ツアー「ベルトラ」から安心日本語予約クーポンが申し込みできます。

 

フォートナム&メイソン:場所とアクセス

オフィシャルサイト:https://www.fortnumandmason.com

住所:Fortnum & Mason, 181 Piccadilly, St. James’s, London W1A 1ER

電話:+44 (0) 20 7734 8040

アクセス:地下鉄Piccadilly Circus駅またはGreen Park駅から徒歩

デパートのフォートナムアンドメイソン内4階の「DIAMOND JUBILEE TEA SALON(ダイアモンド ジュビリー ティーサロン)」です。

 

さいごに

アフタヌーンティーは午後の明るい時間帯でのティータイムですので、基本的にドレスコードは「スマートカジュアル」がほとんどです。

ですが、高級ホテルなどでは実際に行くとお客さんは「スマート」な服装をしている人がほとんどということも少なくありません。

ドレスコードというのは最低限の服装ですので、それ以上の服装でも全く問題ありません。

今回ご紹介したアフタヌーンティーは、ゴージャスな雰囲気を満喫できるところばかり。

せっかくの本場イギリスでのアフタヌーンティーですので、思いっきりオシャレしてお出掛けされると更に夢のようなひと時を楽しめるはずですよ!

☆関連記事☆

ダブルデッカーバスツアーやテムズ川クルーズとアフタヌーンティーが同時に楽しめちゃうなんて!
スペシャルなアフタヌーンティーを体験した方はコチラ!!

【ロンドン】予約必須!アフタヌーンティー欲張りオプショナル厳選5つ
時間が足りないあなたのために、アフタヌーンティー+αのスペシャルなものを厳選してご紹介しています。せっかくロンドンに来たなら必ず体験したい本場のアフタヌーンティー、でも他にもやりたい事がいっぱいで時間が足りない!という方には必見です。

 

アフタヌーンティーの服装からマナー、食べ方など全ての基礎知識を総チェック!!

【ロンドン】アフタヌーンティーでの服装アイデアとマナー基礎知識
イギリスでアフタヌーンティーを楽しみたいけど、どんな服を着て行けばいいの?とお悩みの方はいませんか?アフタヌーンティーでの男性・女性の服装アイデアやドレスコードについてわかりやすく説明しています。

 

カジュアルな服装で気軽にアフタヌーンティーを楽しみたい人はコチラ!!

ロンドンでアフタヌーンティーをカジュアルに楽しもう!ドレスコードなしのおススメ9選
イギリスでアフタヌーンティーに行きたいけどドレスコードを気にするのは面倒、、そんな方のためにカジュアルな服装で気がるにアフタヌーンティーが楽しめる場所を厳選してご紹介。観光で歩き回ったままの格好でひょいと入れるのが嬉しいですね。

 

イギリス旅行の服装どうしよう?と悩みの方はコチラ!!

イギリス旅行どんな服装が適してる?ドレスコード・夏服・冬服どうする?の疑問に答えます
イギリスへ行くのにどんな服を持っていけばいいの?という疑問が全て解決!季節ごと、行き先別、ドレスコードなど個別に適した服装を紹介。夜のお出かけ用ドレスアップなど旅行で重宝する服の提案もしています。