【Amazon初の日本開催】ブラックフライデー11/22〔金〕9:00スタート!!

海外でも通じる名前【男の子編】英語日本語どちらも素敵な名前リスト

前回は日英の両方で違和感がなく、覚えてもらいやすい女の子の名前をご紹介しました。今回はその男の子編です。

うちは一人娘で男の子がいないのですが、女の子の名前と同時に「もし男の子が生まれたら・・・」と真剣にリストアップしていました。

どちらかというと、女の子より男の子の名前の方が候補が少なくて難しかったです。

女の子の場合はカタカナで2文字か3文字が良いかな思うのですが、男の子の場合は4文字以上の名前は日本でも普通にあるので外国の名前でも大丈夫だと思うので選択肢は広がると思ったのですが。

さて、今回も世界に羽ばたく子になってもらいたいという親の願いとともに、外国でも覚えてもらいやすい名前、しかも日本語でも親しみやすい名前ということで男の子の名づけのアイデアをご紹介します。

【関連記事】女の子編はこちら↓

海外でも通じる名前【女の子編】英語日本語どちらも可愛い名前リスト
わが子に海外で通じる名前をつけたい!女の子につけたい、海外でもクールで人気の名前、呼びやすい名前、憶えてもらいやすい名前などを一気にご紹介しています!

 

どんな名づけをしたい?

女の子編でもいくつかあげましたが、名づけをする際、何を重要視するかでかなり候補も絞れてきます。

外国の名前でそのまま日本語の名前として浸透しているものはかなり数が少ないように思います。

一方で、男の子の方が日本名の一部をそのまま使ってニックネームとしても呼びやすい場合がありますね。

例えば、サッカー選手の三浦知良さんの「Kazu」などです。

女の子のように、名前全体を「呼びやすい名」としなくても良いという考え方もあるし、名前をのものを外国で通用する名にしたい場合もあります。

そこで女の子編と同じく、いくつかのグループに分けてみました。

1.日本の名前とパスポート英語綴り(ヘボン式)、両方そのまま通用するものにする。

2.ヘボン式の綴りは気にせず、英語の綴りを自分の名前として使う。

3.日本名と英語の発音はイコールではないが自分の名前はこうですと通す。

4.日本名から英語の愛称をつけやすい名前にする

5.日本名と英語名を完全に分ける。(国際結婚の子供など)

6.何も気にせず好きな名前を付ける。(英語名、日本語名関係なし)

 

1.日本の名前とパスポート英語綴り(ヘボン式)、両方そのまま通用するものにする。

例えば、「ジョウジ」だとするとパスポートのヘボン式では「George(ジョージ)」ではなく「Joji」になってしまいます。

このような名前ではなく、ヘボン式でも外国の名前のスペルに一致させたいという場合の名前です。

Kai(カイ)

Ken(ケン)

*スペルが同じになる男の子の名前は少ないですね・・・他にもありましたらまた追加します。

 

2.ヘボン式の綴りは気にせず、英語の綴りを自分の名前として使う。

例えば、日本名は「ジョージ」ですが、パスポートの綴り(ヘボン式)は気にせず、自分で「George」と名乗ってしまう場合です。

外国では学校や職場でも自分で決めたニックネームで通すことはよくあること。

自分で「Georgeです」と言えばみんな「George」を使います。

George(ジョージ)*じょうじ→ヘボン式ではJoji

Kent(ケント)→ヘボン式ではKento

Luis、Louis(ルイ)→ヘボン式ではRui

Lewis(ルイス)→ヘボン式ではRuisu

Leo(レオ)→ヘボン式ではReo(Leoはリオと発音される方が多いです)

Leo(リオ)→ヘボン式ではRio

Leon(レオン)→ヘボン式ではReon(Leonはリオンと発音される方が多いです)

Leon(リオン)→ヘボン式ではRion

Luca、Lucca(ルカ)→ヘボン式ではRuka

Noah(ノア)→ヘボン式ではNoa(ノアはイギリスでは男の子の名前です)

Liam(リアム)→ヘボン式ではRiamu

*非ヘボン式(英名のスペル)に変更することは可能です。

「ヘボン式・非ヘボン式」についてはこちらの記事の「ヘボン式、非ヘボン式ってなに?」で詳しく書いています。

 

3.日本名と英語の発音はイコールではないが自分の名前はこうですと通す。

例えば芸能人の川平 慈英さん。読みは「かびら じえい」ですね。

日本の名前は「じえい」ですが、外国では自分の名前を「ジェイ(Jay)」で通すような場合です。(これは一つの例で、川平さんの英名がJayかどうかは確認していません)

Jay(ジェイ)→じえい

Hugh(ヒュー)→ひゆう

Rick(リック)→りく

Erick(エリック)→えいりく

Hugo(ヒューゴ)→ふうご

Aaron(アーロン)→あろん

 

4.日本名から英語の愛称をつけやすい名前にする

先ほど例にあげました三浦知良さんの「Kazu」は外国人でも呼びやすいニックネームとして知られています。

このように、日本名は「カズヨシ」であっても、「Kazuです」とすることもできます。

「Kazu」というのは海外の名前にはありまえせんが、同じニックネームの有名人がいることで「世界に知られた日本の名」になっていることも多いです。

まこと→Max(マックス)

けんいち、けんた→Ken(ケン)

けんいち→Kenny(ケニー)

かいと→Kai(カイ)

りょうた→Leo(リオ)

ひろゆき、ひろし→Hiro(ヒロ)*映画などでも有名な日本名

かずひろ、かすよし→Kazu(カズ)

まさし、まさや→Mas(マス)など・・・

 

5.日本名と英語名を完全に分ける。(国際結婚の子供など)

日本の戸籍と外国の出生届に入れる名前と別物にすることもできます。

日本名と外国名をその状況により使い分けることができます。

例)

日本名:田中 健太郎
英語名:Oliver Kentaro Smith

*英語名をファーストに、日本名をミドルにする。場所により使い分ける

日本名:田中 健太郎
英語名:Oliver Smith

*基本的に英語名を使う。戸籍は日本名をつける。

日本名:田中 健太郎
英語名:Kentaro Oliver Smith

*日本名をファーストに、英語名をミドルにする。場所によって使い分ける。

 

6.何も気にせず好きな名前を付ける。(英語名、日本語名関係なし)

女の子の場合は国際結婚であろうとなかろうと、日本の戸籍の名前をカタカナで名前を付ける人もいますね。国籍など気にせず好きにつけるのも良いと思います。(田中アリスなど)

ですが、実際は男の子でこのような名前はあまり見かけません。

気にせずに好きな名前にするのも悪くないと思いますが、最近話題にあがっている「キラキラネーム」のように、名前が付けられた本人が大きくなったときに自分の名前が嫌だと思わないかどうかを基準にすることも大事だと思います。

国際結婚の場合の外国籍は、割とどんな名前をつけても受け入れられる傾向にあると思います。

例)

田中 ジョシュア

田中 マシュー

Satoshi Smith

Kenji Smith など・・・

 

男の子と女の子、名づけの違い

男の子と女の子では、名づけの仕方に違いがあるのかなと感じました。

イギリス在住の私の周りの国際結婚をしている友達は、男の子の場合でも英語・日本語の両方とも親しみがある名前にしていて、日本名には漢字をつけている人はいます。「カイ」「ルイ」など

でも、英語名を付けて日本名はそのまま英語名をカタカナにしている人も多いです。「ベンジャミン」や「マシュー」「ジョシュア」など。

日本で生活している日本人の友達の場合は、さほど外国の名前を気にしていない人が多いように思います。

割と古風な男の子の名も多いし、漢字のイメージを大切にしている名だなと関心するものもたくさんありました。

逆に、女の子の場合は、英語名と日本語名の両方がそれぞれの国で受け入れられる(海外でも普通の名前、日本でも漢字でつけられるもの)が多いですね。「ミア」「エマ」「マヤ」「アリサ」など。

「ケント」「ケン」「ルイ」「カイ」など、日英の両方で違和感のない名前の種類が女の子に比べて少ないというものあると思いますが。

「ルカ」とか「ノア」はイギリスでは男の子の名前ですが、日本では女の子の名前として使われているという場合もありますね。

カズヨシを「kazu」、トシユキを「Toshi」、ヒロユキを「Hiro」などは全く海外でも問題なく呼びやすいニックネームになるのであまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

(私の年代ではポピュラーな名前ですが、今はあまり人気がないのかもしれませんね・・笑)

 

外国人が発音しづらい名前は?避けた方がいい名前は?

女の子編でも触れていますが、外国人にとって発音しづらい名前というのがいくつかあります。

例えば、「りゅ」「りょ」など。

「りゅうた」は「りうた」に近い発音になってしまいます。

「りょういち」は「りおいち」のように。

 

「つ」も発音しづらいです。

「いつき」は「いとぅき」または「いちゅき」っぽくなります。

 

伸ばす音も苦手です。

「ゆうた」は「ゆた」に、「そうた」は「そた」になってしまいます。

 

ら行も「R」になるので、本来の名と別物に聞こえることもあります。

「はると」は「はうと」っぽくなります。

 

始めに最初の文字に「ひ」が付くものも発音しづらいです。

Hが抜けて「い」なることもあります。

「ひなた」が「いなた」みたいな感じです。

 

その他、避けた方がいいかなというのは以下のような英語で悪い意味をもつものに近い発音のもの。

「ゆき」は「ヤッキー」(気持ち悪いの意味)、「ふく」はFワードを連想させてしまいます。

 

あとは、外国での男の子の名前を女の子に、女の子の名前を男の子につけるとちょっと変?と思われることもあります。

イギリスでは「ルカ」「ノア」は男の子の名前、「スカイ」は女の子の名前です。

 

逆引き、日本の人気男の子の名前から選ぶ

2019年の人気男の子の名前(読み)ベスト50のサイトがありましたので、そこから選んでみました。

人気上位からピックアップしています。

りく→Rick(リック)というニックネームでもいいし、Rikuでも呼びやすい。

そら→Soraとそのままでも覚えやすい。

かいと→Kite(カイト)は英語で凧を意味しますが、同じ発音の単語があるので呼びやすい。

りくと→リクトだとちょっとトが強くなってしまいますが、リク(リック)というニックネームでいけますね。

こう→Koと書くと「コ」になってしまうので「Koh」にすれば言いやすいです。

かい→Kai(カイ)は英名でもあります。

るい→Louis(ルイ)は英名でもあります。

ひろと→Hiro(ヒロ)というニックネームならすぐに覚えてもらえます。

れい→Rei(レイ)レがRの発音ですが、Reiは呼びやすい名です。

こうた→Koh(コウ)というニックネームではどうでしょう?

りお→Leo(リオ)は英名でもあります。

えいと→Eight(エイト)は数字の8ですが、呼ぶには言いやすいです。

れお→Leoだとリオになってしまうと思うので、発音はレオですで通せば大丈夫かと。

しょう→Show(ショウ)と同じ発音なので言いやすいです。

このベスト50の中で、「ゆう」「そう」は発音的には言いやすい単語ですが、「ゆう」は「You」、「そう」は「So」という、日常の会話でかなり使う頻度が高い単語と同じになるので、会話がややこしくなると思い外しました。

「しゅう」は靴という意味になるので、同じような英語で違う意味を持つ単語「えいと」(数字の8)や「かいと」(凧)、「しょう」(show)よりもクスっと笑われてしまう気がするので外しました。

発音しづらい「りょ」や「つ」、伸ばす音もいっぱい入っていましたね・・・。

他にも「たけし」(北野武さん)、「あきら」(漫画)、「いちろう」(イチローさん)あたりは世界でも日本人の名として知られています。

「ひろ」や「ケンジ」もよく映画やドラマなどで使われる日本人の名前です。

 

さいごに

妊娠中に真剣に男の子と女の子の両方の名前を選んだ経験があるのですが、男の子の名前は本当に難しかったです。

日英で親しみのある名前である「ルイ」「カイ」「ジョージ」「ケン」「ケント」などは、もうほとんどが知り合いの国際結婚の息子さんの名前で使われていたのです。

同じ名前でも全然いいとは思いますが、(実際に同じ名前のハーフ君がたくさんいます)何となく自分としては嫌だったのでかなり悩み、上のパターンでいう「3」で決めました。

イギリスでは「ジェイ」だけど日本の戸籍は「慈英(じえい)」的なやつです。

パターン3というよりは、英語名に漢字をあてたといった方が正しいかもしれません笑

どうしても漢字の名前もつけたかったので・・・。

私のイギリス人の友達で、「エイダン(Adan)」という男性がいたのですが、彼は大の日本好き。日本人には自己紹介のときに自分の名前の漢字を教えるのです。

その名は「英男」!!

「ひでお」とも読めますが、イギリス人の男性という意味でもあるこの名前(漢字)は素晴らしい!!と思い、これをヒントに男の子の名前を決定しました笑

残念ながら、生れてきた子は女の子だったので私が選んだ男の子の名前は使うことはありませんでした・・・笑

 

*この記事の中の名前は、身近なイギリス人(夫や女友達)、イギリスの子供の名前トップ○○サイト等で最終チェックをしています。

 

男の子の名前を漢字でつけたいなら↓

海外でも通じる名前【男の子の英名と漢字名】外国人には漢字ってクールなんです
わが子に海外でも通じる名前を付けたい!イギリスを含め海外では漢字がクールだと言われているのでせっかくならば漢字もつけたいですよね。ここでは海外で通じる名前とその漢字のアイデアをご紹介。

 

 

タイトルとURLをコピーしました