【Amazon初の日本開催】ブラックフライデー11/22〔金〕9:00スタート!!

すすがないイギリス人 食器だけではなかった話

「イギリス人は食器を洗うときにすすがない」というのは有名な話。イギリスだけではなく、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアでも時々耳にするこの現象。

親がそうだったからとか、節水のためだとか、当人たちにはいろいろ理由があるようですが、日本人にはちょっと考えられないですよね。

彼らの食器の洗い方と、今現在の各家庭の食器洗いの現状、そして食器洗い以外にも「すすがない体質」があることに気づいたその理由などを書いてみます。

すすがない食器洗いのやり方

(この写真は我が家ではありません。フリー素材です笑)

ちょうど良い写真が見つかったので説明がしやすいので良かったです^^

食器洗いの手順

  1. この写真のようにシンクにお湯をためて洗剤を溶かします。
  2. 洗剤の入ったお湯(または水)に汚れた食器やカテラリーを入れます。
  3. ゴム手袋をして、洗剤の入ったお湯を使い、スポンジで食器などを綺麗にします。
  4. 食器の汚れが取れたら、水切りにあげます。(まだ泡がついている状態です)
  5. 泡が下に流れ落ちるか、または泡がついたそのままの状態で乾拭きします。

以上です。

ゴム手袋する人が多いです。手が荒れるからだそう。それだけ洗剤が強いのだと思うのですが、手にはゴム手袋で保護するのにすすがないのが不思議ですよね。。。

食器洗いには、この写真のようなスポンジを使うことのありますが、他に記事のページの一番上の写真にあるようなブラシも良く使われます。シンクを洗うためのブラシではなく、食器を洗うためのブラシです。他に、食器洗い用の布巾のような布を使う場合もあります。

さて、泡がついたままのプレートやスプーンをそのまま水切りに乗せ、そのまま乾拭きして終わりとは、初めて知る人には相当ショッキングな話ですよね!?

私ももちろんそうでしたよ!!

それって体に悪いのでは?とまず思います。普通の日本人なら。

でも当人たちは何も気にならない様子で、むしろ水を出しっぱなしにしてすすぐのは水がもったいないとか必ず言います。

健康と水では、水の方が大事ということでしょうか・・・。

しかし彼らの話を聞いていくうちに、なんとなく彼らの感覚がわかってきました。

  • 泡をつけて洗ったので食器は綺麗なものとして判断している(泡がついた=殺菌されたみたいな感覚がある)←実際は違うと思います
  • 水切りにあげた後、水と泡は下に落ちているのでお皿には泡は残っていないと思ってる
  • 泡がついたまま乾拭きした場合も、泡は布巾が吸うのでお皿には洗剤は残っていないと思ってる
  • すすいだ後に自然乾燥をすると水滴の跡が残るが、すすがずに乾かすとお皿はピカピカ輝いている(と思っている)←実際は不明
  • 健康に影響はないと思っている(生まれてからずっとこうしてるけど自分は生きている。自分は健康だ)
  • 今までのやり方を変えたくない
  • 水の節水は言い訳に近い(シャワーを長い時間浴びることや、庭の芝へのスプリンクラーには何も感じない)
  • 昔流れていた洗剤のCMの中でこの洗い方をしてたのでこれが正しいと思っている

私たち日本人のようにスポンジに直接洗剤を付けて、いわゆる「濃い泡」で洗っている訳ではないので、日本人の洗い方での「すすがない」状態とは少し違います。もう少し洗剤が薄い状態の泡なので、私たちが想像するような「洗剤を食べる」レベルではありません。

私個人としては「洗剤をすすがない」ことよりも、汚れた食器全部シンクに入れて一緒に洗うことで、他の食器の汚れや匂いが付くのではという方面の方が少し気持ち悪い気がしますが・・・

食器洗い以外にもすすがない

この食器洗いにばかり注目しがちですが、実は食器以外にも泡をすすがないことがあるのですよ。

それはですね、、、自分の体です。バスタブの使い方が違うのです。

知っての通り、イギリスではバスタブはあるものの日本のように洗い場はありません。

ホテルなどではバスタブの上にシャワーがあり、バスタブにお湯を貯めて入ることもできるしバスタブの中でシャワーを浴びることもできるバスルームになっていますよね。

でもイギリスの住宅では、バスタブだけでシャワーが設置さていないことも少なくありません。

バスタブとバスタブにお湯を入れる蛇口だけでシャワーがついてない、、、私なら「これどうすりゃいいの?」って思っちゃいます。

同じバスルーム内にバスタブとシャワー室(立ってシャワーを浴びるだけの小さいガラス張りの小部屋みたいなもの)が別々に設置されていたり、シャワー室だけ、またはバスタブだけのバスルームがあったりもします。

例えば、メインのファミリーバスではバスタブとトイレだけ。寝室内にあるオンスイートではシャワー室とトイレだけ、といった形です。

さて、シャワーを浴びる場合はシャワー室を使えばいいのですが、バスタブの使い方はわかりますか?洗い場はないのですよ?

そうです。バスタブにお湯をためてバブルバス(バスタブのお湯を泡泡にするやつです)を入れて体を洗い、すすぎをせずに泡がついたままバスタブから出てバスタオルで拭くか、そのままバスローブを着ちゃうのです。

これって、食器の洗い方と同じですよね!!!

私だったら、泡のお湯から出て、バスタオル巻いたままシャワー室まで走りますが笑

子供のお風呂の入れ方も同じです。

バスタブにお湯を貯めて、そのままお湯の中でソープを使って体を洗い、バスタブのソープの入っているお湯で適当にすすいでそのまま出る感じです。(シャワーがあっても)

うちの子は肌が弱いこともあり、バスタブについているシャワーを最後つかって体全体を流しています。

食洗器の普及が神

自分の食器は自分のやり方で洗いますので心配ないですが、イギリス人家族の家に行ったときにはちょっと気になる時もありました。

紅茶を入れてもらったときに、なんかマズイ・・・変な味がする・・・とか。

特に年配ご夫婦の家に訪問したときはかなり緊張したりします笑

学校の行事や説明会などでも紅茶やコーヒーがでますが、これはかなりの洗剤臭で耐えられませんでした。

パーティー会場や公共の施設の食器を使うの(誰が洗ったのか不明なので)はかなり勇気がいります。誰も見てない隙にささっと流したりするときも。

しかし最近では食洗器の普及で、クラスのママ友の家や夫の実家などは食洗器が設置されているので安心して紅茶もいただけるようになりました!!

他にも、石鹸で手を洗ったあとに少々泡がついてても平気なところや、プールの後に水着を着たまま共有のシャワーでシャンプーしちゃって適当に流して首とかに泡がついたままでも平気で終了しちゃうところなど、「泡ついてても平気文化」があるように思います。

ちなみに新生児お風呂は、2~3か月になるまで「お湯のみ」と指導を受けてました。

最後に

私の夫も実は食器洗いですすがなくても平気だったそうです。

でも日本に留学してたときのハウスシャアしてた日本人に「気持ち悪い!」って言われて、日本人がいるときだけ仕方なくすすいでたそうですよ。

しかしそれで慣れてきたら、やっぱりすすがないと気持ち悪くなったそうです。

今では私より丁寧にしっかりとすすいでくれています。

やっぱり慣れって大きいですよね・・・。

今まで育った環境でOKだったものが、いきなりよそから来た人に「気持ち悪い!」って言われたらきっといい気はしないのでしょう。

夫の場合は自分がよその国の人だったので仕方ないですが、日本人がイギリスに来たのならば、気持ち悪さもわかりますがちょっとだけ抑えて相手を尊重することも大事なのかもしれません。。。(尊重というのは大げさですが、あえて指摘しないとか、そうゆうことです)

ホームステイなどで来る学生さんたち、年配の家にステイすることもあると思いますので、いろんなビックリすることがあるかと思いますが、この食器洗いに関しては先にちょっと知っておくとショックが小さく済むので良いと思います^^

 

<おまけ>

おまけですが、こちらはイギリスに売っている食器洗い用のスポンジです。

取っ手の中に洗剤が入れられるようになっていて、特に油汚れのひどい食器やフライパンなどを洗うときに何度も洗剤を足さなくて良いので便利なものです。私はこのスポンジをシンクの掃除に使っていますが笑

日本では見かけないのでお土産に買って帰ったら喜ばれました^^

タイトルとURLをコピーしました