【Amazon初の日本開催】ブラックフライデー11/22〔金〕9:00スタート!!

ロンドンでミュージカル!英語がわからない人も楽しむための8選【2019年版】

シアター

この記事は、

ロンドン行くならやっぱりミュージカルでしょ!

ロンドンの豪華な劇場でミュージカルを観賞してみたい!

でも英語わからないし、楽しめるかな・・・?

こんな感じでロンドンのミュージカルに興味がある方にぴったりな内容となっております。

ロンドンのゴージャスなシアターを体験していただきたい!

英語がわからなくたって楽しめちゃうコツとおすすめミュージカルを厳選してご紹介します!

 

英語がわからなくてもミュージカルを楽しむコツ

ロンドンに限らず、母国語以外でのミュージカル観賞は「楽しめるのかどうか」ということでちょっと心配になりますよね。

そこで英語がわからなくてもミュージカルを楽しむいくつかのコツをまずはご紹介します。

 

既に知っているストーリーを選ぶ

絵本

人気映画からミュージカルへと展開されているものも多くあります。

タイトルを聞けば誰でもストーリーを思い出せる作品も少なくないですね。

既に映画や本で知っていて、好きなものであれば間違えなし。

あらすじがわかっていれば、そのまま内容についていけるのでおすすめです。

 

予習しておく

ストーリーは知らないが、有名なミュージカルだからぜひ行きたい!という場合は予習しておくことをおすすめします!

ある程度のストーリーが頭に入っていれば、場面の切り替えやストーリーの展開にもついていけます。

「うんうん、次はこうなっていくんだよね」と先読みしながら楽しむこともできます。

ミュージカルのストーリーは、多くが書籍や映画(DVD)になっています。

本を読むなり、DVDを借りて見ておくことをおすすめします!

 

音楽や劇場の雰囲気を堪能する

劇場

ストーリーがわからなくたって、演奏と歌声と劇場の雰囲気だけで十分楽しめます。

例えば、「マンマ・ミーア」はABBAが好きで曲を知っているならば、もうそれだけでノリノリで楽しめちゃいます。

豪華な劇場の装飾も一見の価値ありです。

ミュージカルだけでなく、そこに来ている人々のファッションなど見るのも楽しいですよ。

開演前や休憩時間を劇場内のバーで過ごすのもまた楽しいです。

 

ロンドンおすすめミュージカル

オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)

オペラ座の怪人

画像引用元:オペラ座の怪人公式サイト

人気度:★★★★★ ストーリーの分かりやすさ:★★★☆☆ 

こんな方におすすめ

  • とにかく評判の名作を観たい
  • 歴史ある劇場の造りにも興味がある

ミュージカルの代表作ともいえる「オペラ座の怪人」。

ロンドンのミュージカルの中でも一番の人気といってもいいでしょう。

30年以上続くロングラン作品でありながら、今な世界中の人々から支持されている最高の作品。

100年以上の歴史を持つ豪華な劇場も楽しみの一つです。

ストーリーはさほど複雑ではないのですが、事前に映画などを見ておく方が絶対に楽しめます!

場所:ハー・マジェスティー・シアター(Her Majesty’s Theatre)

住所:Haymarket, St. James’s, London SW1Y 4QL〔MAP

最寄り駅:Piccadily Circus(ピカデリーサーカス)から徒歩約3分

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック!(日本語)

↓映画で見る「オペラ座の怪人」

 

レ・ミゼラブル(Les Misérables)

レ・ミゼラブル

画像引用元:レ・ミゼラブル公式サイト

こんな方におすすめ

  • とにかく評判の名作を観たい
  • 小さめの劇場で臨場感を味わいたい

人気度:★★★★★ ストーリーの分かりやすさ:★★☆☆☆ 

1985年のロンドン初演から史上最長ロングランを誇る名作「レ・ミゼラブル」。

日本でも上演されている人気作品ですが、ロンドンミュージカルの代表作の一つです。

会場であるクイーンズシアターは改装工事により半年ほど閉館している状態ですが、2019年12月18日よりまた再開されることになりました!

クリーンズシアターは他の劇場よりも小さいので、観客も一体となった迫力の演技が体感できます。

再演がクリスマス時期ということもあり、早めの予約をおススメします!

複雑な背景のお話なので、ストーリーを知らない人は事前に映画などで見ておいてくださいね!

場所:クィーンズシアター (Queen’s Theatre)*Sondheim Theatreともいいます。

住所:51 Shaftesbury Ave, Soho, London W1D 6BA〔MAP

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック(日本語)

↓映画で見る「レ・ミゼラブル」

 

ライオンキング(The Lion King)

ライオンキング

画像引用元:ライオンキング公式サイト

人気度:★★★★☆ ストーリーの分かりやすさ:★★★★☆ 

こんな方におすすめ

  • 子供と一緒に楽しめる(3歳以上)
  • 広大な自然を舞台としたストーリーを楽しみたい

ディズニーの名作としてお馴染みのライオンキング。

3歳から入場できるこのミュージカルは、子供から大人まで楽しめる最高のエンターテイメント。

ディズニー映画のライオンキングが好きな方には特におすすめです。

誰もが一度は振れたことがあるこのお話。しかしストーリーを知らなくても楽しめるレベルです。

場所:ライシアム劇場 (Lyceum Theatre)

住所:21 Wellington St, Covent Garden, London WC2E 7RQ〔MAP

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック!(日本語)

↓映画で見る「ライオンキング」

 

マンマ・ミーア(Mamma Mia!)

マンマミーア

画像引用元:マンマ・ミーア公式サイト

人気度:★★★★☆ ストーリーの分かりやすさ:★★★★☆ 

こんな方におすすめ

  • ミュージカル初心者でも楽しめる
  • ABBAファン、または1970年代から80年代の音楽が好きな方

「ダンシング・クイーン」を始めとするABBA(アバ)のヒット曲が盛りだくさんの、一緒に歌って踊れるミュージカル。

1970年代から80年代にかけて活躍したスウェーデン出身のポップグループABBAの名曲に乗せて進む心温まるストーリー。

ABBAを知らなくても、どこかで聞いたことのある懐かしい楽曲がいっぱいです。

70~80年代にイケイケだった世代に特におススメです!

ABBAファンならストーリーを知らなくてもノリノリで参加できちゃいますよ!

でもできれば映画で予習しておくともっと良いかと思います!

場所:ノヴェロー劇場 (Novello Theatre)

住所:Aldwych, London WC2B 4LD〔MAP

最寄り駅:Covent Garden(コベント・ガーデン)から徒歩約5分

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック(日本語)

↓映画で見る「マンマ・ミーア!」

 

マチルダ(Matilda)

マチルダ

画像引用元:マチルダ公式サイト

人気度:★★★☆☆ ストーリーの分かりやすさ:★★★★☆ 

こんな方におすすめ

  • ファンタジーストーリーが好き
  • 子供も楽しめる(小学生くらいの子に特に人気)

イギリスが誇る児童小説作家ロアルド・ダールの小説「マチルダ」。

「チャーリーとチョコレート工場」でも知られるこのロアルド・ダールの独特のファンタジーの世界がいっぱい詰め込まれています。

オリヴィエ賞最優秀ミュージカル賞も受賞しているおすすめ作品。

ファミリーで楽しめるストーリーです。

ストーリーはさほど難しくないのですが、事前にお話しを知っていればマチルダと先生のキャラクターとその絡みを存分に楽しめます!

場所:ケンブリッジ劇場 (Cambridge Theatre)

住所:Earlham St, London WC2H 9HU〔MAP

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック(日本語)

↓書籍で読む「マチルダ」

↓英語のみですが映画もあります

 

ウィキッド(Whicked)

ウィキッド画像引用元:ウィキッド公式サイト

人気度:★★★☆☆ ストーリーの分かりやすさ:★★★☆☆ 

こんな方におすすめ

  • ファンタジーストーリーが好き
  • 親子で楽しめる

「ウィキッド」とは、有名な児童書「オズの魔法使い」の裏側の隠されたストーリー。

日本でも劇団四季の公演がとても人気ですが、ロンドン公演もまた愛され続けています。

感動的なストーリーをぜひウェストエンドで体感してください。

児童書「オズの魔法使い」のお話しは知っている人も多いでしょう。

もし知らないならぜひ読んでくださいね!

「ウィキッド」は「オズの魔法使い」のストーリーを知っていればなんとかついていけるはずですが、劇団四季版の「ウィキッド」と比べながら観るのもいいですよ。

場所:アポロ・ヴィクトリア劇場(Apollo Victoria Theatre)

住所:17 Wilton Rd, Pimlico, London SW1V 1LG〔MAP

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック(日本語)

↓映画で見る「オズの魔法使い」

↓書籍で読む「ウィキッド」

↓ミュージカル「ウィキッド」劇団四季版

 

スクール・オブ・ロック(School of Rock)

スクールオブロック

人気度:★★★☆☆ ストーリーの分かりやすさ:★★★★★

こんな方におすすめ

  • コメディーが好き、ロックが好き
  • 子供も楽しめる(小学生くらいの子に特に人気)

2008年に公開されたコメディ映画「スクール・オブ・ロック」がミュージカルにも登場しています。

アメリカ・ブロードウェイでの成功からロンドン公演へと進出。

小学校を舞台としたロックンロール先生との、笑いあり、涙あり、本格ロックありの、映画を知らなくても十分に楽しめちゃうストーリーです。

コメディーファンやロック好きならばなおおススメ!

典型的なハリウッドコメディーなお話しなので、想像通り期待を裏切らず楽しめます!

予習しなくても十分楽しめるストーリーですが、映画がまた面白いのでこの機会にどうぞ!

場所:ニュー・ロンドン劇場 (New London Theatre)*Gillian Lynne Theatreともいいます。

住所:166 Drury Ln, Holborn, London WC2B 5PW〔MAP

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

⇒ 観賞した人の口コミチェック(日本語)

↓映画で見る「スクール・オブ・ロック」

 

メリー・ポピンズ (Merry Poppins)

メリーポピンズ

画像引用元:メリーポピンズ公式サイト

人気度:★★★☆☆ ストーリーの分かりやすさ:★★★★☆

1934年に原作が出版され、映画やミュージカルとしても愛されてきたディズニーの名作「メリー・ポピンズ」。

ファンタジーストーリーで家族みんなで楽しめる内容です。

ディズニー映画の「メリー・ポピンズ」の世界が好きな人なら、ミュージカルの世界観にもきっと引き込まれていきます。

どこか聞きおぼえのある音楽とファンタジーな世界で、ストーリーが多少わからなくても楽しめちゃうミュージカルですが、映画を見ておけば完璧です。

こんな方におすすめ

  • ファンタジーストーリーが好き
  • 親子で楽しめる

場所:プリンス・エドワード劇場 (Prince Edward Theatre)

住所:Old Compton St, Soho, London W1D 4HS〔MAP

<チケット予約方法>

⇒ 公式サイトから予約(英語)

⇒ 日本語で予約

↓映画で見る「メリー・ポピンズ」

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ミュージカル基礎知識

ミュージカルってどんな服装が適切?

マチネってよく見るけどどんな意味?

チケットってもっと安く買える方法があるんじゃないの?

ミュージカルに行きたい!と思ってから実際にチケットを予約して出かけるまで、いろいろ疑問が沸いてきたりします。

そこで、いくつか基礎知識として覚えておくと役立つ情報をあげてみます。

 

ミュージカルに適した服装は?

ミュージカルは、オペラよりカジュアルでドレスコードはあまりありません。

しかし、昼間の上演と夜の上演とでは少しだけ雰囲気が違ったりします。

基本的に、昼間の上演、または子供と一緒に観るような内容の公演では、カジュアルな服装で大丈夫ですよ。

ただし、カジュアルといっても最低限のマナーは守る清潔な服装で。

スポーツウェアやビーチに行くような格好では不適切です。

 

夜の上演の場合、レストランで食事をしてから向かうお客さんも多いため、もう少し華やかなお洒落をした人が多くなります。

「オペラ座の怪人」のような大人が多い公演は特に、カジュアルよりも少しグレードアップした服装の方が似合います。

周囲の雰囲気を乱さない程度に、ぜひ「スマートカジュアル」以上のオシャレをしてお出かけください!

 

ドレスコードって何?「カジュアル」や「スマートカジュアル」ってどんな服着ればいいの?という方は、こちらの記事を参考にしてくださいね!

 ⇒ イギリス旅行どんな服装が適してる?ドレスコード・夏服・冬服どうする?の疑問に答えます

イギリス旅行どんな服装が適してる?ドレスコード・夏服・冬服どうする?の疑問に答えます
イギリスへ行くのにどんな服を持っていけばいいの?という疑問が全て解決!季節ごと、行き先別、ドレスコードなど個別に適した服装を紹介。夜のお出かけ用ドレスアップなど旅行で重宝する服の提案もしています。

 

ミュージカルのマチネとは?

ミュージカルの上演予定やチケット予約でよく見かける「マチネ」。

「マチネ」ってどんな意味なの?と思いますよね。

「マチネ」とは、フランス語で「朝」とか「午前中」という意味。

ミュージカルの「マチネ」は、午前中や昼間の公演のことをさします。

ちなみに、もう一つ「ソワレ」という言葉も見かけますが、これはフランス語で「夕方」といった意味。

ミュージカルでの「ソワレ」は夜の公演のことをさします。

昼の公演の「マチネ」は夜の公演の「ソワレ」よりも安く予約できることが多いです。

 

もっと安くチケット予約する方法は?

オフィシャルサイト以外にも、安くチケットが買える方法がいくつかあります。

例えば、ロンドンの格安チケット販売しているショップへ行く、または格安チケットを取り扱うウェブサイトで買うなど。

ロンドンにも格安チケットショップはいくつかあるのですが、基本的にはかなり長い列に並ぶことが必須だったり、観たい公演や行きたい日程は選べなかったりします。

格安チケットウェブサイトでは、基本的に英語のサイトなのでチケットの予約から受け取り方法など複雑だったりするとかなり理解ずらくなってしまいます。(郵送してくれないところがほとんどなのでギリギリまで不安も)

格安チケットが購入できるウェブサイトなどで、比較的利用しやすいのはTime out(タイムアウト)ですね。

アプリでもあるのですが、ここからは格安で有名どころの上演チケットも買うことができ、受け取りもスムーズだった経験があります。

但し、すべて英語です。

ウェブサイト:https://www.timeout.com/london

Time Out – Discover your City
Time Out – Discover your City
開発元:Time Out Digital Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

Time out利用のメリットは・・・

  • 観たいミュージカルのチケットが格安で買える可能性がある
  • 基本的に受け取りは正規チケット売り場で受け取れるので安心
  • 日本にいてもウェブサイトやアプリから予約が可能

Time out利用のデメリットは・・・

  • 全てのミュージカルが安くなっているわけではないので、観たいものが安くなっていないことも
  • ウェブサイト・アプリの両方とも英語のみ
  • チケットを郵送してもらえないので当日までちょっと不安

こんな感じでしょうか。

 

私自身が個人的にミュージカルを見に行ったり、日本から来た友達のリクエストで連れて行ったり、チケット購入だけしてあげたりと、チケット予約に関しては多少知識がある方だと思うのですが

日本からイギリスに旅行で来られる方が、滞在中にミュージカルが観たいという人におすすめするチケット予約方法は、

日時や席の選択幅が広い公式サイト(英語のみ)からか、やっぱり日本のオプショナルツアー会社からのチケット予約かなと思います。

公式サイトが英語のみということを考えると、日本語で予約できるオプショナルツアー会社というのは利用価値が高いと思います。

もしパッケージツアーで旅行されるならば、同じパッケージ内のオプショナルとしてミュージカルがあるかもしれません。

その場合は、手続きや支払いが簡単だったり、同じツアーのお客さんと一緒に行けたりというメリットがあります。

もしオプショナルツアーにミュージカル観賞がない、または個人旅行の方などは、現地オプショナルツアーを利用することができます。

 

日本のオプショナルツアー会社で予約するメリットとしては・・・

  • 申し込み・場所・ストーリーなど全てにおいて日本語なので安心して購入できる
  • 短い日程の中で、行きたい公演の日時に対してのチケット予約に確実に対応してくれる
  • 円での支払いなので予算を組むのが楽ちん
  • 何かあれば日本語で問い合わせできるなど

日本のオプショナルツアー会社で予約するデメリットは一つ・・・

多少の手数料がかかるところでしょう。

 

VELTRA(ベルトラ)という現地オプショナルツアーなどを手掛ける会社があり、私も過去に何度か利用しています。

もし初めてのイギリス旅行、ロンドン旅行でミュージカルも楽しみたい!という方には、少し手数料はかかってしまいますが、このVELTRA(ベルトラ)からのチケット予約がおすすめ。

少ない日程の中で調整して観にいくことになると思いますので、なるべく早く予約する方がいいですよ。

特にクリスマス時期などは良い席や時間帯がすぐに売り切れてしまいます。

 

長期でイギリス滞在予定の方、日程はある程度融通が利く方、英語でも問題ない方には、Time outなどの格安チケットサイトのご利用をおすすめします!

 

さいごに

ロンドンに来たならミュージカルにも行きたい!という方に役立つ情報をもう一つ。

旅行でロンドンに来られる方はだいたい1週間程度の滞在予定かと思うのですが、もしミュージカルに行く予定を立てる場合には、到着日からなるべく数日たった日にすることをおすすめします!

なぜならば、時差ぼけと飛行機の疲れで寝てしまう可能性があるから・・・。

時差ぼけはどちらかというと「日本⇒イギリス」よりも「イギリス⇒日本」の方がキツイと個人的には考えてますが、やっぱり到着の翌日はつらいと思います。

時差ぼけを早く解消するコツはただ一つ、眠くても夜になるまで寝ないこと。

ショッピングやレストランでの食事は、睡魔が襲ってきてもそのまま寝てしまうことはありません。

しかし、ミュージカル観賞となると長時間座っている状態で音楽を聴いているわけなので、時差ぼけがなくたって眠くなる人もいます。

必死でこらえるのにも限界があるので、なるべく現地時間に慣れてきて頃に行きましょう!滞在3日目以降がベストです!

 

☆おすすめ関連記事☆

 

タイトルとURLをコピーしました