【イギリス】王室愛用のベビー&子供服ブランド7選☆我が子も英国プリンス・プリンセスに!

英国王室のロイヤルファミリーを見ていると、ベビー服や子供服の可愛らしさに目が離せませんよね^^

男の子はショートパンツ、女の子は花柄のワンピースというイメージですが、可愛らしさの中にもどこかクラシックな英国の歴史を感じるデザインが多く、その清楚なスタイルは誰もが一度は「我が子にも着せてみたい!」と思うのではないでしょうか。

今回は、英国王室が愛用しているイギリスブランド、特に最近テレビやニュースで目に入ってくるキャサリン妃セレクトのセンスが光るベビー&子供服をピックアップしてみました。

☆カッコいい子供服をお探しならこちら⇒ イギリス子供服☆クールなスタイリッシュUKキッズブランド個性派7選

Amaia Kids(アマイアキッズ)

出典:Amaia Kids

ルイ王子の洗礼式の日、シャーロット王女がこの水色の花柄のワンピースを着ていましたね。

その愛らしい姿はまだ目に焼き付いています^^

フリルのような襟とパフスリーブのベビードレス。美しいクラシックスタイルで、王族の気品を感じるこのブランドです。

ロンドンのサウスケンジントンに小さな店舗を構えています。

新生児から8歳までのベビー&子供服、靴、アクセサリーがあり、ウェブサイトで上下の服はもちろんのこと、靴からアクセサリーまで全てをコーディネイトしたスタイルも提案しています。

お土産にも喜ばれる子供服です。

オフィシャルサイト:https://amaiakids.co.uk

店舗:14 Cale Street London SW3 3QU 〔MAP

*オンラインショップでは日本への発送も可能です。

 

Rachel Riley(レイチェルライリー)

出典:Rahe lRiley

同じくルイ王子の洗礼式の日、ジョージ王子はこちらのシャツとショートパンツを着ていました。

小さい頃のジョージ王子はこのダンガリー(写真:真ん中)お気に入りの様子でしたね。

このラグジュアリーブランドのレイチェルライリーは、ベビー、キッズ(14歳まで)、レディース、そしてシューズを展開しています。

大人の服は女性だけなのですが、これも花柄のワンピースなど女性らしいクラシックなデザインが素敵です。

ベビーでもしっかりと襟付きのシャツを着るところはやっぱりロイヤルファミリーの特徴でしょうか。

オフィシャルサイト:https://www.rachelriley.co.uk

店舗:82 Marylebone High Street London W1U 4QW 〔MAP

*オンラインショップでは日本への発送はしていません。

 

Powell Craft(パウエルクラフト)

出典:Powell Craft

こちらはビックリするほど普通のお値段のブランド、パウエルクラフトです。

キャサリン妃は一般家庭でも手の届くブランドも、気に入れば子供に着せるという高感度の高いプリンセスですね。

このジャケット風のニットカーディガンは、ジョージ王子がファミリーフォトで着ていたもの。

うーん、やっぱりセンスがいいなぁ。

他にも、小雨の多いイギリスならでは、可愛いレインコートも人気です。

ベビー、キッズ、レディース、ホーム(ブランケットや子供部屋の飾りなど)を手掛けています。

オフィシャルサイト:hhttps://powellcraftboutique.com

リバティーロンドン内に出店しています。

*オンラインショップでは日本への発送も可能です。

 

Little Alice London (リトルアリス)

出典:Little Alice

シャーロット王女がこのブルードレスとネイビーのショートカーディガン(アマイアキッズ)を合わせて着ていましたね。

ちらのブランド、リトルアリスは主に0~8歳の女の子の服を販売しています。

一部、ユニセックスのアイテムもありますが、ほぼ女の子の服で小物などもありません。

販売はオンラインショップより。デパートなどでも取り扱っているかもしれませんが、オフィシャルサイトには明記されていません。

発送に関しても詳細が掲載されていませんので、イギリス国内のみで日本への発送もしていないようです。

購入しづらいと思うと余計に欲しくなってしまいますね^^

オフィシャルサイト:https://littlealicelondon.com

 

Annafie (アナフィー)

出典:Annafie

ジョージ王子がまだヨチヨチ歩きだったころ、このロンパース(青)でキャサリン妃に抱っこされてお目見えしたときがありましたね。

実はウィリアム王子が小さかったころ、このロンパース(赤)と同じようなデザインの服をショートパンツと合わせて着ていたようですよ。パパとお揃いファッションなんて素敵ですね!

パパであるウィリアム王子が着ていた服もこのアナフィーだったそうで、以前にオフィシャルサイトで掲載されていました。(現在は写真掲載がなくなってしまいましたが)

*ちなみにパパとお揃いの服を着ているジョージ王子の服のブランドはアナフィーではなく Rachel Riley(レイチェルライリー)だそうです。

女の子の服は、やはり清楚な色・柄・デザインが多く、ウェディングにも着ても可愛いドレスが多くあります。

アナフィーもベビーとキッズ(8歳まで)の服で、オンラインのみの販売のようです。

オフィシャルショップには海外発送に関しても明記されていません。

オフィシャルサイト:https://annafie.com

 

Oliver Baby and Kids(オリビア)

出典:Oliver Baby

キャサリン妃のテイストが分かりますね。ふわっと可愛い雰囲気と英国さしさ、そして気品のあるデザイン。

このカシミヤの白いカーディガンは、まだ幼い頃のシャーロット女王が着用していました。

このオリビアというブランドは、ベビーとキッズ(10歳まで)の服とアクセサリーを手掛けています。

特に帽子の種類が多くとても可愛い!!レトロなデザインも多く、ヨチヨチ歩きの子にもしっかり日差しを防いでくれる機能的な部分も備えています。

もしまだ娘が小さい時にこのブランドを知っていたら、絶対にこの帽子を買ったと思います^^

オフィシャルサイト:https://www.olivierbaby.com

店舗:151 Northcote Road London SW11 6QB 〔MAP

 

JoJo Maman Bebe(ジョジョママンベベ)

出典:JoJo Maman Bebe

シャーロット王女が2歳の誕生日このジョジョママンべべのピーターパントップとカーディガン(写真左と真ん中の色違い)を着用されたとオフィシャルページにありました。

残念ながら全く同じデザインのカーディガンはもう売り切れてしまいましたが、ほぼ同じでゾウの絵が入ったものはまだありまいした。ちなみにシャーロット女王が着ていたのはもう少し薄い黄色のカーディガンでゾウの部分が羊の絵でした。

100%コットンを使用したポップ柄からシック柄まで揃うブランド、ジョジョママンベベですが、ここではマタニティーウェア、ベビー、キッズ、オモチャなどを手掛けています。

ロイヤルファミリーからも信頼されているブランドで、キャサリン妃はマタニティも愛用されていました。

可愛い動物柄やマリンテイストも多くあります。

オフィシャルサイト:https://www.jojomamanbebe.co.uk

店舗:12 Cale Street London SW3 3QU〔MAP

*その他の店舗はこちらで検索できます

*オフィシャルサイトでは日本への発送も可能です。

 

さいごに

キャサリン妃は、ロイヤルウェディング以来ずっとファッションも注目されていましたが、いつも期待を裏切らず「ロイヤルファミリー」の印象そのままの素敵なデザインのセレクトが本当に素晴らしい。

イギリスブランドの他にもスペインやフランスブランドも愛用されていますが、どれもお値段はさほど高くない物が多いです。

価格も一般家庭でも買えるリーズナブルなものも多く、ルイ王子がジョージ王子のお下がりを着ていたりして、本当に好感度の高いプリンセスですですね^^

ジョージ王子、シャーロット女王のファッションも、これからも注目されるところでしょう。

イギリスロイヤルファミリーのファッションはまだまだ目が離せません。

 

イギリス人ママ友の間で「ここの子供服は可愛いよねぇ」なんて話題に上がることも多いUKブランドはこちらで紹介^^
ママに人気のベビー&子供服 イギリスブランド厳選4つ!

安い!と思わず口から出てしまう、大助かりの子供服ブランドはこちらでご紹介^^
【イギリスで買える】安いのに可愛い!子供服6選☆プチプラ子供服ブランド

子供服らしからぬカッコいいキッズブランドを選ぶならこれ!
イギリス子供服☆クールなスタイリッシュUKキッズブランド個性派7選