【Amazon初の日本開催】ブラックフライデー11/22〔金〕9:00スタート!!

英国式アフタヌーンティーについて改めて学んでみた

イギリスに来たなら一度は体験したい本場の「アフタヌーンティー」。

紅茶と一緒にサンドイッチ、スコーン、ケーキをいただき、優雅なひと時を体験することができます。

高級ホテルやマナーハウスでいただくアフタヌーンティーは、その雰囲気も一緒に更にティータイムを楽しむことができます。

今でも多くの人に愛されているアフタヌーンティーですが、その歴史や楽しみ方などをご紹介します。

 アフタヌーンティー

アフタヌーンティーとは社交を目的として開催されるお茶会で、19世紀中ごろに始まったものだと言われています。

午後の4時ごろから始まり、メニューはサンドイッチ、スコーン、ケーキ、そして紅茶が振舞われました。

素敵なテーブルセッティングや陶器で貴婦人たちを迎え、食事をしながら会話を楽しむというなんとも贅沢な習慣ですね。

アフタヌーンティーとは

1840年頃に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリア(en:Anna Russell, Duchess of Bedford)によって始められたとされる。イギリスにおいてこのような慣習が始まったのは女性向けの社交の場としてと、もうひとつ、日本においては一般的に夕食時間とされる時間帯(19~21時)は、観劇やオペラ鑑賞や夜の社交などにあてられ夕食を摂るのが21時以降になるため、事前の腹ごしらえとしての意味がある。(Wikipediaより引用)

アフタヌーンティーの開催時間が中途半端な4時からなのは、観劇やオペラ鑑賞の時間に合わせたからなのですね。

サンドイッチの具はキュウリが基本のようですが、これにも意味があるようです。

キュウリのサンドイッチにまつわる話

キュウリのサンドイッチが上流階級の茶会の定番となったのは、栄養価が低い(労働者は肉など栄養価が高い具材をサンドイッチに使っていた)キュウリを新鮮な状態で食べる事はヴィクトリア朝時代では働かずとも農夫を従えて生活できる証だったからである。(Wikipediaより引用)

なんと、わざわざ栄養価の低い野菜を選んで自分たちの階級を表すとは、さすがです。

現在は、必ずしもキュウリのサンドイッチが出るとは限りませんが、コールスローのような刻んだ野菜のマヨネーズ和えのような具のサンドイッチがあり、そこにキュウリも入っていたりします。

他にも、ハム、たまご、サーモン、チーズなど、多種なサンドイッチがあり、ベジタリアンやビーガンの人にも選択肢があるようになています。

伝統的なアフタヌーンティーとそのいただき方

今ではカジュアルなティールームでもいただけるアフタヌーンティーですが、時に招待された高級ホテルやマナーハウスでのお茶会などでは、そのいただき方のマナーも知っていると安心かと思います。

クラシックなアフタヌーンティーのセットは、このように3段になっていることが多いです。

下段はサンドイッチ、中段はスコーン、上段はケーキ類となっており、下から食べるのが基本です。

同じテーブルの人たちとタイミングを合わせて上段に進むのが良いとされています。

サンドイッチには、ピクルスが添えられていることもあります。

スコーンには、クロテッドクリームとジャムが必ず添えてあり、上下半分に切って、切り口にクロテッドクリームとジャムを乗せていただきます。

クロテッドクリームとジャムは共有でサーブされることが多いので、次の人が使うためにクロテッドクリームとジャムが混ざって汚くならないよう気を付けて取りましょう。

上段のケーキ類は、焼き菓子(キャロットケーキやパウンドケーキなど)、タルト(フルーツタルトなど)、ガラスの器に入ったゼリーやムースなど、小さいスーツが数種類あります。

ボリュームもあり食べきることができない場合は、ほとんどのお店はお持ち帰り用の箱を用意しているので聞いてみるといいですよ。

自宅でもぜひアフタヌーンティーを

自宅でアフタヌーンティーをするときにかかせないのがケーキスタンド。

これ一つあるだけで、見た目も華やかで来客のときにも使えて超便利です!!

この写真の3段のケーキスタンドは、「3ティア」と呼びます。「2ティア」でも十分雰囲気がでます。

サンドイッチ、スコーン、ケーキを全て用意できなくても、サンドイッチとビスケットやフルーツなどを乗せて紅茶を用意するだけで、素敵なティータイムの演出ができますよ。

数年前から日本にも進出したキャスキッドソン。やっぱりここのケーキスタンドは最高に可愛いです!!

 他にもティータイムがいろいろあります

アーリーティー(ベッドティー)

朝起き抜けの一杯。朝ベッドの中で新聞などを読みながら紅茶の時間を楽しむそうです。

この一杯のために、前日の夜にお茶のセットとパンやジャムをトレイにセットして就寝することもあるとか。

ホテルやマナーハウスではリクエストしておくと指定の時間にベッドまで紅茶のセットを運んでくれるそうです。

ブレックファースト

マグカップにたっぷりと注いだ紅茶とトーストやポリッジを食べるのがイギリスの一般的な朝食と言われています。

イレブンジィズ

午前11時頃のブレイクタイムで飲む紅茶です。以前はティーレディーがワゴンで紅茶を配ってくれるサービスもあったようですが、現在ではあまりないそうです。昼前のブレイクタイムとしての紅茶の習慣だけ残っているのですね。

ミッディ ティーブレイク

午後のおやつタイムでの紅茶です。ビスケットなどと一緒にいただきます。

ハイ・ティー、ティー

イギリス北部やスコットランドの工場地帯や農村部での夕食を意味します。

アフターディナーティー

夕食後、または就寝前のくつろぎタイムでいただく紅茶です。

今では正式な名前を知らない人も多いそうですが、習慣としては健在のようです。

ここではミルクティーが主流 レモンティーはあまり見かけません

日本では紅茶と言えば「ミルクかレモンか」の選択ですが、ここではレモンティーという言葉を聞いたことがありません。

ティールームやレストランなどで紅茶を頼むときは、ミルクを付けるか付けないかを聞かれます。

そして意外だったのは、「Milk tea」とは言わないのです。

ミルクティーが欲しいときは「Tea with milk please」で注文しましょう。

中国では、日本のようにレモンティーのペットボトル入りジュースがあるようで、中華系のレストランではレモンティーがメニューにある場合もあります。

日本人には「ミルクティーと言えば、砂糖を入れて甘くしたもの」というイメージがありますが、イギリスでは砂糖を入れないミルクティーが主流のようです。もちろんレストランではお砂糖をリクエストすれば一緒に持ってきてくれますよ。

私のお気に入りの紅茶

私が普段飲んでいるお気に入りの紅茶をいくつかご紹介します。

 

↑こちらのヨークシャーティー。最近では日本でも買えるようですね!

↑このPG Tipsの紅茶は、スーパーに並んでいるとてもお得な値段の紅茶で、完全普段使いです。あまりにも安いのでお土産にするのは申し訳ないくらいなのですが、頼まれることが多いのでいつも多めに買っておきます。

↑このリングトンの紅茶は日本ではあまり買えないため、お土産にすることが多いです。このブランドはビスケットもとても美味しいです。

最後に

数年前にちょっとした病気で入院したことがあるのですが、病室には一日に何度も紅茶を運んでくれる方がいます。

最初は全ていただいていたのですが、もうお腹がダブダブになってしまっていい加減断るようにしました笑

数えたら、朝食前から就寝時間前までに、7回は来てくれてたと思います。

紅茶文化、スゴイですよね。

紅茶と一緒にいただくビスケットもいろいろ美味しいものを紹介したいのですが、それはまた別の機会にしますね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました