【Amazon初の日本開催】ブラックフライデー11/22〔金〕9:00スタート!!

ネクスト(next)ベビー服は店舗より通販だよ!個人輸入のメリットとデメリット解決策

今ネクスト(next)のベビー&子供服が熱い!!非常に熱いですよ!!

イギリスでももちろん絶大な人気を誇るブランド「next(ネクスト)」ですが、近年日本にも進出、そして日本からも通販で簡単に注文ができるようになりました。

ファストファッションの先端を行くネクストは、とにかく可愛い!子供服なのにおしゃれ!品数が多い!カジュアルからフォーマルまで完璧に揃ってる!目まぐるしく新商品がドンドンと入荷されるという回転の速さはネクストファンにはたまらない魅力です。

そんな魅力たっぷりのネクストですが、「欲しいけどイギリスから通販で取り寄せなんてできるか不安だわ・・・」なんて思っている人、意外と多いのではないでしょうか!?しかーし!!!

ネクストの商品を買うなら、絶対に公式オンラインショップからの通販がおすすめ!!

ネクストは個人輸入としては超初心者向きだから!!

と、声を大にしてお伝えしたいので、ネクストのベビー服や子供服、いやレディースやメンズ、雑貨も素敵で気になるぅ!!という欲張りな方に、ネクストは公式オンラインショップからの通販がおススメな理由や、個人輸入のメリット・デメリット、そしてデメリットの解決法をご紹介いたします。

 

もし今すぐに注文したい!という方は、購入方法を詳しく解説しているこちらの記事へどうぞ!

⇒ ネクスト(next)ベビー子供服は通販だ!簡単誰でもできる個人輸入 購入手順を全て解説

 

ネクスト公式オンラインショップからの通販がおすすめな理由

ここでまずは個人輸入に対するあなたの不安を解消いたしましょう。

ネクストでは、公式オンラインショップで注文をするとイギリスから商品が届くことになります。

そこで皆さんが不安に思うことは・・・こんな感じではないでしょうか?

「イギリスから?英語わかんないし無理!」

「ポンドで払うの?為替レートで支払いが上下したりしない?」

(EU離脱とかあるしね・・・^^;

「イギリスから届くの?送料高いんじゃない?」

「個人輸入とか??関税とか??全然わからないし。」

「注文価格以外に支払い請求がきたら嫌だなぁ・・・」

実はこれらの心配は全く無用なのですよ!!

ではこれらの不安を解消するために一つ一つ詳しく説明していきますね。

 

ネクストは日本語サイトがあります!

出典:ネクスト日本語サイト

ネクスト公式オンラインショップ(日本語)

↑ネクストには日本語のウェブサイトがちゃんと準備されています。

日本語サイトでは、メニュー、商品名、サイズなどほぼ全てが日本語表示になっています。一部、英語のまま表記されるものありますが、ほとんどは日本語になっていて商品選びに困ることはないはずです。

カラー表示や柄の表現など、日本語になっていても、もしかしたら普段日本では聞きなれないものだったりしてわかりずらいこともあるかもしれません。

ですが、商品は全て写真が掲載されており、見たい部分をかなりの拡大表示ができるようになっているのでとてもわかりやすいです。(フロントだけでなくバックデザインもちゃんと確認できます)

まずはゆっくりと商品選びをして、気になる商品をどんどん「バッグ」に入れていきましょう。

ネクストは扱う商品の数がとても多いので、前に「ちょっといいな」と思ったものを戻って見つけ出すのがとても大変だったりします。

まずはバッグに入れておいて、一通り見終わってから「バッグ」内の商品を再チェックし、同じような服は却下したり、予算に合わせて削ったりと調整していくといいですよ。

 

支払い通貨はもちろん円です!

出典:ネクスト日本語サイト

商品の価格ももちろん円での表記されています。

支払い方法は下記の6種類から選べます。

Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ダイナース、JCB、PayPal 

日本で使われている主要なクレジットカードは網羅されているので困ることはないですね。

Paypal(ペイパル)での支払いも可能になっています。

Paypalユーザーにとっては、この支払い方法の選択肢があるのはありがたい!

海外旅行のときのショッピングのように「決済日の為替レート」を心配する必要がないのがいいですよね。

 

ネクストは4500円以上の注文で送料は無料!

出典:ネクスト日本語サイト

イギリスから配送されてくるので送料が高いのでは?と思っている人も多いかなと思います。

ですが、ネクスト日本語サイトのトップページにはドドンと大きく「配送無料」の文字が!(ピンク囲い)

「*」として注意書きがあるのですが、その内容は4500円以上の注文で送料が無料、そして4500円以下でも送料はたったの600円と書かれています!!

送料600円だなんて、国内配送と変わらないですよね!?

注文した商品はヤマト運輸からお届けされるそうです。(今後変更になる可能性もありますが)

日本の会社からのお届けならば更に安心感がありますね。

 

ネクストの通販では関税の心配が無用!

出典:ネクスト日本語サイト(画像はこのページの下の方)

これは知らない人、本当に多いと思います。

ネクストでは注文したものがイギリスから届くのですが「関税込み」の販売なのです!

インポートショップを経営している方ですら、自分のサイトで「16000円以下なら関税かからないので、この額を超えないようにすればいい」と書いているのを見かけました。

でもですね、ネクストの公式日本語サイトにドンとこのように書かれておりますよ!!

この上の画像ではちょっとわかりにくいので、公式サイト上でこのピンク囲い部分をクリックしてみてください。

「卓越したスタイルを最高のサービスで」というページになり、下にいくつか項目が並んでいます。

その中の一つに「輸入税」というものがあります。その内容がこちら。

輸入税
ご注文の品に対する州、連邦政府による輸入規制の保証はお客様の責任となります。詳細はこちらをクリックしてください。弊社のお客様への販売条件は DDP(Delivered Duty Paid、仕向地持ち込み渡し・関税込み条件)となります。このため、お客様がお支払いになる金額には、指定の配送先ご住所への配送、すべての諸税および通関にかかる料金が含まれています。

ネクスト日本語公式サイトより

上記引用した文章内の「こちらをクリックしてください」の「クリック」部分が現時点で何もリンクされておりませんが・・・ここで説明されている通り、販売条件がDDPとなることが明らかにされており、「Delivered Duty Paid、仕向地持ち込み渡し・関税込み条件」だということが表記されています。

現時点では、別途「関税」がかかることはなく、「商品と送料、そして関税は込みの料金になっている」ことがわかりますね。

但し、この内容はネクスト側で予告なく変更になる場合もありますので「現時点では」(2019.3.22現在)とつけさせてもらっています。

お買い物をするときには必ず最初にこの画面をチェックしてくださね!

 

ネクスト商品を通販で買う一番のメリットは?

出典:ネクスト日本語サイト

海外からの直送なのに日本語サイトがある、円で買える、送料が無料、関税がからないなど、上記のような不安ももうメリットの一つに変わりましたよね!?

そしてもう一つ、ネクスト商品を通販で買う一番のメリットはこちら。

店舗より断然品数が豊富なのです!!

日本進出を果たしたネクストですが、現在では日本全国に店舗があるのは11店舗のみ。

福島、福岡、原宿、自由が丘(キッズ)、錦糸町、横浜港北、横浜みなとみらい(キッズ)、兵庫甲子園、茨木つくば(キッズ)、仙台(キッズ)、千葉

ネクストの店舗情報はこちら

現時点ではこの11店舗(一部はキッズ商品のみ)が展開しています。

店舗の近くに住んでいる人はいいのですが、遠くに住んでいると店舗までなかなか足を運ぶことはできませんよね。

交通費だけでも高くなってしまうなら、送料600円(4500円以上注文なら無料)の方がよっぽどお得という訳です。

しかも日本の店舗はイギリスの店舗に比べて規模が小さく、商品数も少なくなってしまっています。

イギリスの大規模店舗でも、店舗内で置いていなくてオンラインで購入なんてことはザラにあるネクスト商品。

オンラインで見つけたものが店舗にあるとは限らないし、見つけたらすぐに買わないと在庫がなくなってしまうなんてこともあるので、イギリスに住んでいてもネクストは店舗よりオンラインが確実に便利なのです。

 

ネクスト商品を通販で買うデメリットは?

ネクストの商品を公式日本語オンラインショップから購入する場合、残念ながらデメリットもいくつかあります。

デメリットをしっかり理解した上で、購入を検討したいですね。

 

日本語サイトであっても、一部英語が必要になる

イギリスから配送されるため、ユーザー登録にて自分の名前や住所を英語で表記しなければいけません。

しかし実はとっても簡単にできてしまうのです。

ユーザー登録の手順や購入方法はこちらの記事で画像付きで手順を解説しています。

初心者でも簡単にできちゃいます^^

 

注文してから到着するまで時間がかかる

とはいえ、イギリスから配送されるというのに基本的に5日以内に届くそうです。

イギリスからの配送で5日以内とは、かなり早いと思います。

*イギリスの祭日やセール期間などは配送に遅れが出る場合があるそうです。

注文から到着までの時間はとても不安?

いえいえ、ネクストでは追跡可能な発送方法を利用しているため、注文時に来るEメールには追跡番号が必ず入っていて、メール内の追跡サイトをクリックするだけで配送状況を確認できるようになっていますよ!

これで不安も軽減されますね。だいたいこれくらいで到着するなという日程がわかるのも助かります。

 

返品や交換したいときは?

<交換に関して>

交換に関してはオフィシャルサイトに何も表記がないので交換はできないということになります。

交換したい場合は、返品してから新たに注文することになります。

交換には日本⇒イギリス⇒日本という、商品が往復する期間が必要になるため、商品管理も大変でしょうし途中で交換したい商品が売り切れになることもあります。

なので交換したい場合は、交換手続きではなく、返品と同時に新たに別途欲しい商品を購入することが必要になります。

なので、「交換はできない」と肝に銘じて慎重に商品やサイズを選びましょう!

 

<返品に関して>

イギリスでは返品理由に関してはとても寛容です。

「買ったけど私に似合わなかったから」「買ったけどサイズが合わなかったから」「気が変わったから」とかいう理由で簡単に返品ができるのが特徴です。

オンラインショップの場合の返品は、商品と一緒に入っている納品書(返品用ラベル)が必要なので大事に保管しておきましょう。

さて返品ルールに関してネクストではこのように表記されています。

配達から 28 日以内の未使用の商品は返品することができます。納品書裏面の返品用ラベルをご利用ください。
返品送料は、お客様のご負担となり、Next からは返金されません(お客様の法的権利には影響しません)。

返品ご希望の商品は、新品・未使用の状態で 28 日以内に発送いただけない場合、商品のお戻し、お買い求め時の販売代金の返金、現在の販売価格での返金はいたしかねます。

Next の倉庫に返品された商品が到着した後、お支払時にご利用になったクレジットカードへの返金処理をいたします。これは通常 28 日以内に行われます。

ネクスト日本語公式サイトより

海外から取り寄せる上で、これが一番大きなデメリットかもしれません。

「返品送料は、お客様のご負担」ということ。

もちろんルール通りに送料を負担して返品すれば、商品代金はちゃんと返金されます。

この「28日以内に」を「28日以内にイギリスに到着」と解釈している人が多くいますが、「28日以内に発送」すればいいと書いてあります。

「28 日以内の未使用の商品は返品することができます」「新品・未使用の状態で 28 日以内に発送いただけない場合返金できません」とちゃんと書いてありますね。

とういうことで、28日以内に発送すれば大丈夫。(できれば早めに発送する方が良いと思いますが)

 

そうなれば、あとは発送方法。

安い発送方法での返品の方が負担が軽いですね。

ですが、さすがに最安である船便では2~3か月かかってしまうため、返金もそれだけ遅くなってしまいます。

「返送品が到着してから28日以内に返金する」となっていますので、これでは返金まで気の遠くなる期間待ち続けなくちゃいけないことになります。

 

すると候補にあがる返送方法は・・・

2キロ以内なら、エコノミー航空(SAL便)か国際eパケットライトが安いです。どちらも到着まで2~3週間です。

確実さを求めるならどちらも国際書留付での発送が可能です。(少し値段が上がりますが)

 

もっと早く到着・返金して欲しい場合は、航空便(6日で到着)、EMS便(3日で到着)もあります。

航空便は国際書留付の有無の選択ができますが、EMSは全て国際書留付きです。EMSが一番確実で早いが高い発送方法です。

 

2キロ以上の場合は、EMSの方が安くなる場合もありますので、郵便局の料金チェックサイトにて一番安い発送方法を確認してくださいね。

返送するための送料がかかってしまうのはかなりのデメリットだと思うので、商品選び・サイズ選びは慎重にしたいですね。

ただ、SAL便小形包装物は2キロで2,080円。国内にある店舗で買った場合、バスや電車に乗って店舗まで返品しに行くことを考えたら、、、と、なんとか受け入れるしかないですね^^;

 

不良品だったらどうすればいい?

ほとんど無いとは思いますが、もし送られてきた商品が不良品だったり、注文したものとは違う商品が届いた場合、どうすればいのでしょうか。

オフィシャルサイトには「商品返品は送料は自己負担でお願いします」と書かれていますが、不良品だった場合などについては触れていません。

そこで「不良品だったとしても返品の送料は自己負担なの!?」と不安になりますよね。

しかしご安心ください。

直接ネクストに問い合わせて、そこのところをグイグイと聞きだしました。

基本的に「返品したいという希望がある場合は送料は自己負担でお願いします。」とのことですが、「不良品や間違った商品を送ってしまった場合、要はお客様の責任ではない場合は一旦送料を負担していただき、商品の料金と一緒に返金します」との返事がきました。

不良品などの場合は、返送のための送料も後で返金されます!!ご安心を!!

 

しかしながら、何も言わずにそのまま返品だけしても商品代しか戻ってきません。

しかも、連絡のやり取りには英語が必要となるでしょう。

これがちょっと大変ですよね・・・・。

でも大丈夫。相手も商売です。非英語圏の人の英語でもシンプルに説明すればちゃんとわかってくれます。

 

まずはネクストのお問合せページから連絡しましょう。

メールでの問い合わせ先があります。

すぐに返事が欲しいときは「ライブチャット(英語)」や電話での問い合わせ先も一緒に記載されてます。

連絡するときには、必ず商品と一緒に届いた明細書が必要になります。

明細書で確認しながら、名前(注文時に使用した名前)、オーダー番号、商品番号、オーダーした日、返品理由を伝え、送料も返金してもらうよう伝えます。

不良品の場合は、不良個所がわかるように写真に撮って添付します。

向こうが送料も返金すると了承し、返送してくださいという返事がきたら、その返事はコピーして保管しておきます。

商品を返送する際は、このやり取りを印刷し、一緒に入れて送り返すとスムーズです。

商品と一緒に入っていた明細書に返品用のフォームがついているので、必ずそちらも書き込んで同梱します。

少し面倒ではありますが、完全に封をせずに発送手続きし、送料の領収書も最後に入れてから封をしてください。

分かりやすいように、返送書類と領収書は全て同じ封筒に入れて、最後にその封筒を中に入れこんでから封をするといいと思います。

送料の領収書は、必ず控えとして携帯で写真を撮っておきましょう。(コピーできるならコピーでも大丈夫です)

 

英語でメール問い合わせする例文

さて、英語のメールで連絡するのはちょっと敷居が高いですよね。

ですが、不良品が届いてしまったときには、この下の例文をコピーして使っていただけます!

「3つオーダーしたうちの一つが不良品だった」と過程して問い合わせしたときの例文となります。

写真を添付すれば、どこがどのように不良品なのかが言葉で説明しなくてもわかるので、メールでの問い合わせで写真添付するのが一番正確に伝わるでしょう。

その他の問題があるときには、文章の一部を変えたりして使ってくださいね。

 

Hello

I received my parcel from you today. 

Order number:xxxxx-xxxxxx

Item number:xxxxxx

Item number:zzzzzz

Item number:yyyyyy

However, I was very disappointed to find that one of the items was damaged. (Item number:xxxxxx, attached picture)

Please would you be able to refund cost of the items I am returning and also the initial postage that I paid for them to be delivered.

I believe that the initial postage should be refunded if items received are damaged.

I really appreciate your help with this matter and look forward to hearing from you.

 

Kindest regards, 

Hana Yamada

 

今日オーダーした小包を受け取りました。

オーダー番号、商品番号・・・

しかしながら、残念なことに注文した商品の一つは不良品でした。
(商品番号xxxxxx、写真添付)

商品の返金と同時に、返品のための送料も返金していただけますか?

不良品については送料も返金されるべきかと思います。

親切な対応のお返事お待ちしています。

山田はな

 

*参考

damaged item (不良品)

wrong item(注文したものではない間違った商品)

missing item (欠品)

 

返品になったら嫌だなぁと思っている方に

注文したけど思っていたイメージと違った。

ちょっと大きすぎ(小さすぎ)た。

着せてみたが似合わなかった。

こんな理由で返品しても、送料さえ払えば商品代は返金してくれます。

しかしながら、送料にはお金がかかるし面倒。

返品のための送料を絶対に払いたくない!国際小包のやり方なんてわからない!という方、うんうん、わかります。

 

やっぱり返品が嫌だから直接買うのはどうしようかなぁと迷っている方、心配ならば公式サイトから直接注文するのはやめて、楽天、アマゾン、バイマなどを利用するのも良いと思います。

楽天やアマゾンでは、基本的に手元に商品がある状態での在庫販売のはずですので、問い合わせて事前に丈を教えてもらったりしてから注文することもできますね。

もしもの場合も返品のやり方はイギリスに返送するよりは簡単でしょう。(事前に確認した方が良いですが)

バイマであれば、在庫を確保していない状態での販売なので購入できるかどうかは確実ではありませんが、出品一覧に掲載されていないものでもリクエストで対応してくれたり、まとめ買いで割引してくれたりします。(交渉次第です)

事前に気になる部分の寸法など確認してからサイズ選びができる、検品してから発送してもらえるなど良い部分もあります。

ただ、送料や手数料・利益などが上乗せさていると思いますので、まずは見積もりしてもらうなどして「どちらがお得か」を見比べてみてくださいね。

 

そしてもう一つ。返品したい商品があった場合も、返品せずに「国内で売る」という手もあります。

これは一つのアイデアということで興味のある方だけ読み進めてくださいね。

ネクストは日本でも人気が高く、ベビー服・子供服の定番にもなりつつありますよね。

需要はあると思うので、国内で売るというのもアリかなと思います。

自分が購入した金額と同じならばほぼ売れるのではないでしょうか。(新品の場合は)

恐らく、国内から買うことができるのは中古ならヤフオクやメルカリ、新品ならヤフーショッピング、楽天、アマゾン、バイマあたりでしょう。

中古品は別ですが、新品を業者が売る場合は必ずといっていいほど利益を乗せて販売しています。

そうなると、定価で売る場合は、欲しい人にとっては楽天などよりも「安い値段」になる可能性が十分あります。

(過去にセール品をゲットしてそれを通常価格で売っている場合を除いて)

在庫がなくなってしまった人気商品ならば、定価より高く売れちゃう可能性もあるかも!?

同じ商品が売られているかどうか、値段はどれくらいか、などチェックして売れるようなら返品より楽かもしれません。

私もネクストファンの一人ですが、イギリスでの定番ebayにて、ネクスト子供服(古着)は100%売れちゃっています。

値段はそのコンディションにもよりますが、古着でも可愛いデザインは半額で売れることも多かったです。

 

もし「気に入らなくても国内で売ればいいかな~」なんて思った人は、公式サイトから購入するデメリットはほぼ無く、メリットだけになりますよ~!

ネクストは個人輸入としては超初心者向きです。

周りとかぶらない可愛い服を安く手に入れるチャンスですので、興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいね!

 

さいごに

ネクストのベビー服って本当に可愛いんですよね。

うちにも娘がいるのですが、赤ちゃんの時からネクストにはお世話になっていました。

今まで数えきれないほどの商品を購入していますが、不良品にあたったことは一度もありません。

クオリティはとても良く、たくさん着ても、たくさん洗濯しても全然平気!というところがとても助かっています。

ネクストはベビーや子供用の水着もとっても可愛いです。

他にも、靴はもちろんブーツ、サンダル、長靴、帽子なんかもおすすめですよ!

男の子の服もおしゃれで、日本の友達へのプレゼントはいつも喜んでもらえました。

「個人輸入」と聞くととても難しそう、ちょっと無理かなーなんて思っちゃいますが、ネクストならば簡単に普通の通販と同じように取り寄せできちゃいますのでぜひ挑戦してみてくださいね!!

子供が大きくなって着れなくなったら売ることもできるので、個人輸入を更に楽しんじゃってください!

ネクストの購入方法とその手順を知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい^^

 

 

タイトルとURLをコピーしました