【Amazon初の日本開催】ブラックフライデー11/22〔金〕9:00スタート!!

イギリスのバレンタインデーは?男性も女性もカードとプレゼントを贈り合う日

2月14日はバレンタインデー!

日本ではバレンタインデーが近づくと、店ではバレンタイン用の可愛い包みのチョコレートが並び、女性は本命用・義理用・友達用と品定め、そして男性たちはいささかソワソワとし始める時期でもありますね^^

こちらイギリスでの「St.Valentine Day」も、街ではハートマークの飾りつけでいっぱいになり、デパートでもスーパーでもバレンタイン用のプレゼント商品がたくさん出てきます。

しかし、日本のバレンタインの風習とはちょっと違い、「女性が男性にチョコレートをプレゼントする日」ではないのです。

イギリス式のバレンタインデーは、「恋人・夫婦・パートナーたちが、カードやプレゼントを贈り合う日」なのですよ。

とはいえ、実際のところは男性から女性にカードとプレゼントを贈るというのが基本です。

日本と逆なんですねー・・・・!!

もちろん女性が男性に贈ることもあります。

でもどちらかというと、「男性が頑張って女性を喜ばせる日」なので、男性の方が少々プレッシャーを与えられる日なのです^^

イギリス式バレンタインデーは何をする?

イギリス式バレンタインデーっていったい何をするのでしょう。

一般的には、カードとプレゼントを贈るのですが、カードだけという場合も多いです。

イギリスは知っての通りカード文化。

クリスマス、誕生日、母の日、父の日、結婚記念日はもちろん、お礼、お詫び、退職、転職、入学、入院、退院などなど、カードで気持ちを伝えるのが大好き。

なので、バレンタインデーもカードは欠かせません。

どちらかというと、プレゼントよりカードの方が主役と言ってもいいくらいなのです。

そしてプレゼントは、もちろんチョコレートでもいいですし、彼女・彼氏が好きなもの、例えばワインとかシャンペンとか、あるいはレストランを予約して食事に出かけたりします。

料理のできる男性は、家でご馳走を作り女性をディナーに招待することも少なくないのですよ。

週末だけの小旅行に出かけたりするというのもよく聞きます。

チョコレートじゃないとダメということではなく、相手が喜ぶことなら何でもOKなんですよ。

イギリスでは日本よりも少し年齢層が高めで、社会人~老夫婦のカップルのイベントという感じですね!

バレンタインカード、定番のメッセージは?

バレンタインのカードはカードショップだけでなく、デパートやスーパーでもその時期になると普段より大きなスペースを使ってズラリと並びます。

ユーモアあふれるものから、可愛いらしいもの、素敵な恋人同士の写真や、愛情たっぷりのハートマークいっぱいのものまで種類豊富なカードがあります。

可愛いカードがならぶ売り場の前で、真剣にカードを選ぶ男性をたくさん見かけるのですが、どんなカードを選ぶのかな?と最後まで見届けるのも楽しいです笑

さて、カードには何を書くの?という疑問。

イギリスでは古くからの習慣で、男性は女性に名前を告げずに愛のメッセージのカードを贈るというものがあり、現在ではわかりきっている相手からのカードであっても定番の文句で名前を隠したりするようです。

ちょっとオシャレでいいですよね!

カードには名前を書かず、メッセージの下に

「Be my Valentine」

「From your Valentine」

「From your secret admirer」

などと書くんですって。

「ですって」と言ってしましましたが、私は夫からこのような差出人からのカードを受け取ったことがないので・・・笑

もちろんガチで、職場の好きな相手のデスクにそっとカードを入れるという場合もあるそうですよ!!

だいたいは男性から女性に宛るカードです。

もちろん女性から男性でもOKです^^

バレンタインデーのプレゼントは?

バレンタインのプレゼントで一番多いのはお花のプレゼント。

バレンタインデー当日には、街で真っ赤なバラの花束を抱えて歩く男性をよく見かけます。

若い男性からおじいちゃんまで、恥かしそうな素振りもなく花束を抱えて帰宅する姿はとても微笑ましいです^^

バレンタインには赤いバラの花のプレゼントが定番のようですが、1本か、または1ダース(12本)が基本のようです。

バレンタインデーが近くなると、スーパーでも花束がたくさん並びますし、人通りの多いところに特設花屋さんもできたりするので、仕事帰りにさっと買って帰れるんですよ。

そして次に人気はやはりチョコレート!

元々の古くからの風習では、チョコレートではなく手袋などの小物をプレゼントしていたそうですが、1980年代にイギリスで人気のチョコレート会社であるカドバリー社(Cadbury)が、ハート形の箱に入ったチョコレートを販売し大人気になったことからチョコレートをプレゼントに選ぶことが多くなったそうです。

バレンタイン→チョコレートというのは、割と最近の文化なのですね。

イギリス人は日本人に比べてチョコレート好きが多く人気菓子のトップであるため、チョコなら無難的な感覚もあります笑

他にも、女性にはアクセサリーなどの小物やフレグランス、男性にはワインなどのアルコール類も人気です。

バレンタインでは、高額なプレゼントを贈ることはあまりないようです。

夫婦でプレゼントを贈り合うのに高額なものはかえって負担になりますからね・・・ちょうどいい気がします笑

イギリスのバレンタインに義理チョコは存在しない!

イギリスのバレンタインデーは、カップルがカードやプレゼントを贈り愛を確かめ合う日です。

義理チョコというものは存在しません。

あー、これは簡単でいいですねー!!

もし気を使って、何もあげないのも悪いからと義理チョコを配ったりしたら、、、恐らく勘違いしちゃう人がいます。

一人だけにあげたら本気にされそうだし、たくさんに配ったりしたら変な人!という目で見られてしまいます。

日本在住外国人でも、在住年月が長い人は知っているかもしれませんが、義理チョコはあげる必要はないと思います!

義理チョコはないにしても、友チョコに近いものはあるかも!?

バレンタインのチョコがあまりに多く店頭に並ぶので、つい買ってしまいたくなるんですよね。

友達訪問の時に、手土産代わりに「これ美味しそうだから買ってきたの。食べてねー。」とか、「これ一緒に食べようー」みたいなのはイギリス人からもありました。

女性に対してはそんなに気を遣う必要はなさそうですが、そうゆう場合にはカード無しで軽く一言付け加えれば勘違いされることはないでしょう。

さいごに

2月は学校のお休みもなく、まだまだ寒い冬ということで飛行機のチケットは年間通してみると安い時期。

バレンタイン時期にイギリスを旅行する計画がある人は、イギリスのバレンタインの雰囲気を満喫できてカップルで訪れる人たちは特に楽しめる時期でもあります。

ただ、この時期はデパートなどの商品陳列がバレンタイン物でいっぱいになってしまい、定番物が売っていない可能性があるので注意してくださいね。

逆に、バレンタイン仕様のレア商品がゲットできるというメリットはありますが。

これを買いたい!という物、とくにお菓子類はパッケージがバレンタイン仕様となってしまっている可能性があるのでちょっと覚えておくといいですよ。

あとは、2月14日のバレンタイン当日、または直前の金・土・日の週末のレストランは予約でいっぱいになっている可能性があります。

絶対に行きたい!というレストランがある場合には、事前に予約しておくことをおススメします!

だいたい1か月以上前であれば予約できると思います。

レストランのウェブサイトがあれば、メールで予約しておくといいですよ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました